熊本城マラソン2020 ~レース編~

マラソンの感動を教えます

熊本城マラソン2020に参加しました。熊本城マラソンは2012年から始まって、今回で9回目。私は初参加となりましたが、スタートから雨で苦しみましたが、いい経験になりました。

スポンサーリンク

スタート前

スタート前から雨が降り、みんな前日に配られたオレンジ色のポンチョを着ていました。8:40のスタートブロックの閉鎖直前まで付近の建物の屋根の下にいる人も多かったです。

私もその一人でしたが、不幸にもポンチョがボロボロになって、アタフタしてました。係の人にポンチョの予備があるか聞いたのですが予備はなく、結局、スタートブロック近くのコンビニで少し厚めの半透明のレインコートを買いました。これが今日の私の運命を大きく変えました。

レインコートを買っている間にスタートゲートは閉鎖され、私はレインコートを着てEブロックの後ろの最後尾に並びました。そこで地元のランナーと話をしていると、熊本ラーメンで美味しいのは天外天ラーメンだと聞いて、無事完走出来たら食べて帰ろうと決めました。

9:02にスタートの号砲がなりましたが、私がスタート地点についたのは、約15分後でした。

スポンサーリンク

コース

スポンサーリンク

雨の中のレース

レース開始

雨が降る中のレース開始となりました。周りを見ていると、オレンジのポンチョがボロボロになってる人もいましたが、私のレインコートは、丈夫で寒さしのぎにもなりました。

私はタイムより完走することを考えて、ペースを控え目に走り出す。スマホの計測では始めの1kmは7分48秒となった。その後も雨は降り続け、沿道の声援に応える余裕もなく、完走することだけを考えて、レインコートのフードが風で飛ばされない様に手で押さえながら走ります。

ペースが遅いので5kmまでが遠く感じて、36分31秒もかかりました。かなりのスローペースでしたが、雨風の影響でスタミナはすでに消耗していました。

6km付近から向かい風になると、前を見る余裕もなく、雨が顔にあたらない様にフードをさらに押さえながら走ります。10kmに到着したのがスタートから1時間12分4秒でした。普段なら、1時間ちょっとなので10分ほどの遅れとなってました。まだ、4分の1、ゴールまでが遠すぎる!(こころの叫び)

(参加賞のTシャツ)

15kmを過ぎ、20kmを過ぎたころには周りの人たちは寒そうで過酷なレースとなっていました。私はレインコートのおかげで、寒さは大丈夫ったのですが、スタミナの消耗は激しかったです。

ハーフ地点では2時間30分16秒となって、ギリギリ5時間を狙えるタイムでした。

しかし、その直後にエイドで補給!なんと、地元のJAのエイドの種類が多くて美味しすぎる!!

初めに食べた茄子ゼリーが美味しくて、イチゴやオレンジジュース、他にもなんやかんやあって、気が付けば4分ほどいました。ここにずっといたい!(こころの呟き)

後半戦

ここから後半戦が始まります。ペースを落としていたので、足の痛みは大丈夫でしたが、精神的に負担がデカすぎ。

エイドを出てから周りの人たちも走りながら「これはダメ」、「寒すぎ」、「もう無理やな」、など呟きながら走っています。

オレンジのポンチョを着て走っていた人はポンチョがボロボロに破れた状態で雨の中を走っていました。さらに風も強くなりかなり寒い。私のレインコートでも寒かったですから、ポンチョが破れた人はかなり体が冷えたと思います。

(参加賞のTシャツの裏)

25km過ぎからの2.5kmの逆風はかなりきつかったです。道路には水がたまり、みんな水たまりがない所を走るので、、歩いている人をぶつかりながら抜いていきます。ぶつかるたびに小声で「すみません」と言います。

レインコートのフードが風で飛ばされるので片手で押さえて走り続けました。この間がこのレースで一番きつかったです。

27.5km地点で折り返すと、今度は追い風となり、雨が少し弱まったので走りやすくなりました。30km地点では3時間33分15秒となっていました。5kmあたり1分ほどペースが上がっています。

31kmでは陸橋があって上り下りです。そして、32km地点で、残り10kmと気持ちを切り替えます。ここまで来るとフードは気にせず走りました。再び雨も降り始めて、頭から雨をかぶりながら走ります。

周りの人たちも悲惨な状態でしたが、みんなゴールを目指して走っています。35kmを過ぎると、残りの距離が表示され、カウントダウンです。

ここまで、走り続けると、最後まで歩かず走り続ける事と、5時間を切る事が目標になります。苦しかったですが足の痛みはなく、スタミナと精神力の勝負になります。心の勝負開始!(こころの呟き)

40km地点では4時間39分47秒でした。普通ならすでにゴールしている時間ですが、2.195kmちょっと。コースも街中になって曲がり角が多くなっていましたが、歩いているランナーを避けながら走ります。

最後には熊本城に向けての坂道があり、歩く人もいましたが、私は一気に駆け上りました。上がった先にゴールがあり、何とか歩かずにフィニッシュ!!4時間54分24秒!!!

(フィニッシャーズタオル)

ようやくたどり着いたゴールに一安心。そして、ゴール直前まで降っていた雨も上がりました。レインコートを着てもフルマラソン完走できるんだなと、ゴールした後は気楽なものでした。

(完走メダル)

今日の命の恩人(品?)は茄子ゼリーとレインコートでした。レインコートは大切に保管しておこう。

スポンサーリンク

レースを終えて

完走後、宿泊したホテルに戻り、風呂に入って冷えきった体を温めて、濡れた靴を乾かしました。ホテルでは完走したランナーと話をして、楽しかったです。

過酷なレースも振り返ってみると、いい思い出になるとみんなが言っていましたがその通りです。

帰りに熊本駅の天外天ラーメンを食べて帰りました。おいしかったです!!

熊本城マラソンは非常にいいマラソンでした。

でも、後で調べてわかったのですが、低体温症で40人が搬送されたようです。確かに、私が走っている間に救急車が走っていくのを何度か見ました。ある意味、マラソンは命がけです。

恒例のガンプラコラボ

ガンキャノンジムスナイパーⅡで、熊本城マラソンとコラボです。

 

コメント