熊本城マラソン2020 ~旅行編~

マラソンの感動を教えます

熊本城マラソン2020に参加しました!いつもの様に、前日(12:00到着)に観光しましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

熊本観光 開始

熊本には初めて行ったんですが、熊本城は2016年4月に起きた熊本地震によって城や石垣が崩れ、今も悲惨状態になってました。

しかし、復旧工事は進められ、今も工事中となっています。

熊本城マラソンの前日受付を終え、宿泊先の確認をした後、初めに向かったのが、熊本城です。

桜の馬場 城彩苑

熊本城に行くには、城の横にある”桜の馬場 城彩苑”を通ります。

城彩苑に行くと、いろんな店があって、和の雰囲気でした。

熊本城ミュージアム

ランナーは入場無料だったので熊本城ミュージアムに入りました。通常は240円だそうです。ランナー特権ですね。

ここでは、崩壊した熊本城の歴史についてたくさん説明がありました。その中でも、模型や映像はすごくて、熊本城の要塞ぶりをしっかり教えてもらいました。

 

凄かったです!見応え十分。熊本城の全てがわかりました。実践を考えた戦う城でした。

熊本城

この説明を受けて、熊本城へ行きます。熊本城への入場料500円なのですが、ランナー特権で無料となりました。こういう時にマラソンしててよかったと思うんですよね。

しかし!やっぱり工事中。城に行く途中の石垣も崩れて、痛々しい限り。

熊本城ミュージアムで聞いた説明通りに復興すると、姫路城の強敵になること間違いなし!でも、完全復興には20年かかるようです。

加藤神社

熊本城を見たあとは熊本城の横にある加藤神社に行きました。熊本城を作った加藤清正の神社です。

熊本と言えば、加藤清正であることはここに来るまでに感じてました。城に着く前に清正像を見つけ、ミュージアムでもよく名前が出てきました。

どうやら、加藤清正は長い帽子が特徴のようです。清正ファッションですね。加藤清正神社で、お賽銭に小銭を入れて明日の完走を願いました。

そして、私の気を引く意外なものを発見!すごくきれいなダカ、後で品種を調べると、青幹之(みゆき)メダカというのかな。青く輝いてとてもきれいでした。

 

スポンサーリンク

熊本県庁のルフィー像

まだ、時間があったので、これからどうしようかと、マラソンの案内の冊子を見ていると、アニメ「ONE PEACE 熊本復興プロジェクト」というのが載っていて、県庁にルフィー像がある!

 調べてみると、ONE PEACEの作者・尾田栄一郎が熊本市出身でした。さっそく県庁に行きました。熊本城からはバスに乗って、20分ぐらいだったかな。ルフィー像発見!

 

ルフィーが右手の拳を上げ気合入れてます。私も熊本城マラソン頑張るぞ!と心の中で拳を上げた。

他にも阿蘇駅前にはウソップ像があって、益城町にはサンジ像がありますが、時間の都合があっていけませんでした。機会があれば行きたいですね。

スポンサーリンク

水前寺公園

ルフィー像を見終えると、急ぐ必要もないので、歩いてホテルに帰る事にしました。すると、バスで県庁に来るときも見かけたのですが、水前寺公園前という交差点に着きました。

スマホで地図を見てみると、近くに公園の様な大きな緑の敷地があります。行ってみると、有料の公園で、案内の人に聞くと、和風庭園だという事です。くまモンもお出迎え。

その時、16:00だったので、最後の観光として入ってみることにしました。入場料400円で、ここにはランナー特権がありません。ちょっと残念。

中に入ってみると、金沢の兼六園の様な和風庭園がありました。

崩れた石橋の修復工事もしていました。前にテレビ番組の”鉄腕!DASH!!”で見た事ある木型を使っての修復に少し感動しました。

ここでは、肥後細川家の初代熊本藩主・細川忠利公の像がりました。この庭園は細川家に由来しているようです。歴史を知らない私でしたが、細川家について少しだけですが、何となく伝わってきました。

スポンサーリンク

他にもたくさん楽しめた

他にも、初めて熊本に来て心に残ったものを写真でご紹介します。

熊本駅

地震のせいもあるのかな?工事中でした。

路面電車

初めて路面電車に乗った!ジェットコースターのスタートの様にガッタン、ゴットンと走る。

熊本城(レゴブロック)

熊本城ミュージアムにあったレゴブロックで作った熊本城。レゴブロックは何でも作れる!

スポンサーリンク

半日観光を終えて

昼から観光したのですが、十分に楽しめました。

今回分かったことは、熊本城は2016年の地震でかなりの被害を受けた事、熊本の有名人と言えば、加藤清正と尾田栄一郎。

いやー楽しかったです!

 

 

コメント