早々に倒されたクロコダイルオルフェノクの強さと優しさに迫る

仮面ライダーは出演者が豪華すぎ

 クロコダイルオルフェノクは2003年1月26日~2004年1月18日に放送された平成4作目の仮面ライダーファイズで登場した怪人のオルフェノクです。

 この物語では44体の怪人オルフェノクが登場するんですが、クロコダイルオルフェノクはその中でも上位のラッキークローバー4人衆の1人です。

 しかし、残念なことに物語の半分まで行かない第19話で倒されてしまいます。しかも合計3回も。なので、クロコダイルオルフェノクは弱いのではないかと言われる怪人です。そこで、クロコダイルオルフェノクは強さをまとめました。

スポンサーリンク

クロコダイルオルフェノクは強いが負ける

クロコダイルオルフェノクはその名の通りワニのクロコダイルをモチーフにしています。ワニは今、確認出来る生き物の中で、恐竜に最も近いとも言われています。ワニのイメージ通りクロコダイルオルフェノクはタフなオルフェノクです。

設定ではこんなことも!
クロコダイルオルフェノクの顔全体が口になっています。物語の中では機会がなかったのですが、獲物を一飲みに出来るという設定になっていました。あまりの怖さにカットされたかもしれません。

防御力と攻撃力はかなりのもの!?

 第11話で走っている仮面ライダーファイズに変身する乾巧(いぬい たくみ)をいきなり蹴り飛ばしての登場は強引かつパワーを感じました。その後、クロコダイルオルフェノクは雄たけびを上げ、ファイズの攻撃を避けないで、全て受け止めながら攻撃をします。

 ファイズの必殺技であるクリムゾンスマッシュも右腕で軽く受け、左手でファイズを叩き落とします。パンチ力は3tもあり、圧倒的なパワーと防御力でファイズを追い込みます。仮面ライダーカイザが登場してファイズは命拾いします。

パパ

この時のファイズの手が出ない様子はすごかった。こんなに圧倒されるとは見ているほうも心配したね。カイザが登場しなかったら、第11話で完結していたか、題名が変わっていたもしれない。

スタミナ十分で、命も十分

 残念ながらクロコダイルオルフェノクは突然現れた仮面ライダーカイザの必殺技カイザブレイガンにより倒されてしまいます。あれだけファイズを追い込んでいたのに、あっけないなと思った人も多かったんじゃないでしょうか。それだけカイザが強かったのです。武器の相性もあるかもしれませんね。

でも、この時カイザに変身していた西田清高(にしだ きよたか)はカイザの変身に耐えられずに死亡してしまいました。カイザに倒されたクロコダイルオルフェノクは、しばらくたってから蘇ったので、この勝負クロコダイルオルフェノクの勝ちと考えていいでしょう。

ラッキークローバーとは
↓気になる+をクリック↓
ラッキークローバーは命が3個
オルフェノクの中でも上位のオルフェノク。人間体であってもオルフェノクとしての能力を発揮でき、命は3個持っている。仮面ライダーシリーズで言うと幹部クラスの怪人となります。

ラッキークローバーのメンバー

クロコダイルオルフェノク以外の3人も紹介します。

名前変身者モチーフ/特徴
クロコダイルオルフェノクMr.ジェイワニ/強い肉体とパワー・愛犬に優しい
センチピードオルフェノク琢磨達郎ムカデ/実力は決して低くはない・詩人、小者感あり、北崎におびえている
ロブスターオルフェノク影山冴子エビ/剣技は1分間に300突き・カクテルを使って仲間を増やしたり、灰化させたりできる。
ドラゴンオルフェノク北崎ドラゴン/1万ボルトの雷を呼ぶ・触れたものが灰になる

クロコダイルオルフェノクは、この状態でも十分強いのに更に強くなります。命を3個持っていて、倒されて蘇るたびに強くなります。倒されて復活しも同じ強さだと、同じ敵にまた倒されてしまいますからね。これを進化と言います。

ここまでのご紹介は、はじめの形態の格闘態でした。ここからは進化するクロコダイルオルフェノクをご紹介します。

進化その1:格闘態→剛強態

第12話では蘇ったクロコダイルオルフェノクが仮面ライダーカイザを圧倒します。この時仮面ライダーカイザに変身していたのは死んだ西田に代わり神道貴久でした。2人とも流星塾の出身者なんです。

流星塾とは
スマートブレイン社の前社長の花形が、「九死に一生を得た子供達」を集めた小学校兼養護施設。オルフェノクの王を探すために特別な子供達が集められました。

 この時のクロコダイルオルフェノクは剛強態(ごうきょうたい)といい、蘇るとともに皮膚が強固になり防御力アップしていました。前回の格闘態に比べどこが変わったのが非常にわかりにくいのですが、胸にモールドという3つの〇がいています。このモールドからは触手を出して、使徒再生と言って人間をオルフェノク化します。

パパ

2回蘇ることが出来るのか、2回だけサイヤ人みたいだ。

 この時は仮面ライダーファイズとオートバジンの人型による攻撃を受けて退散しました。1対1ならクロコダイルオルフェノクは勝利していたはずですが、この回は引き分けと判定しましょう。

進化その2:剛強態→凶暴態

 再び第13話で登場した剛強態のクロコダイルオルフェノクは流星塾の人たちを襲います。この話ではクロコダイルオルフェノクの部下であるエキセタムオルフェノクも参戦し、2体でファイズとの戦いを優位に進めます。

しかし、そこに登場したのが草加雅人(くさか まさと)が変身した仮面ライダーカイザでした。このカイザが強く、またしても、クロコダイルオルフェノクはカイザブレイガンによって倒されます。変身者が変わると、ここまで変わるのかと思うほどにこの時のカイザは強かったです。

そして、第19話では2度目の蘇りによりクロコダイルオルフェノクはさらにパワーアップをした凶暴態(きょうぼうたい)で登場し、仮面ライダーファイズと一騎打ちとなります。でも、見た目はそれほど変わりません。皮膚が強固になってパワーアップという設定なので・・・。

クロコダイルオルフェノクの最後

クロコダイルオルフェノクにはファイズの攻撃も効かず、有利に戦いを展開していましたが油断をしてしまったんです。クリムゾンスマッシュを仕掛けてきたファイズを頭上高く跳ね返したのが失敗でした。

ファイズは落ちてくる勢いに乗ってグランインパクトをクロコダイルオルフェノクの胸に叩き込みました。すると、さすがのクロコダイルオルフェノクも耐え切れず倒され、3つの命を使い果たし消滅してしまいました。クロコダイルオルフェノクは何度もファイズやカイザと戦いましたが、実力はクロコダイルオルフェノクが勝っていたと言えるでしょう。ただ、最後の戦いでの油断が致命傷でした。非常にもったいない。

スポンサーリンク

Mr.ジェイは優しい一面も!?

クロコダイルオルフェノクはMr.ジェイが変身したオルフェノクです。Mr.ジェイは無口ですが、いつも愛犬のチャコと一緒にいます。愛犬を大切にするMr.ジェイの優しさエピソードをご紹介します。

チャコを脅かすとあっさり殺されます

バー・クローバーで、酔っ払いが来てチャコを脅かしてしまう場面があります。Mr.ジェイはその酔っ払いの命をあっさりと奪ってしまいました。愛犬チャコに危害を加える者は絶対に許さないMr.ジェイです。

戦いの最中はチャコを鎖でつなぐ

Mr.ジェイがクロコダイルオルフェノクとなって戦っている最中、チャコがどこにも行かない様に、戦いに巻き込まれない様に近くの柵などに鎖でつないでいます。かなり几帳面な性格であることが分かります。マナーを守るMr.ジェイです。戦いに巻き込みたくないというMr.ジェイの優しさも見えますよね。

チャコに優しい人にはMr.ジェイも優しい

第19話でチャコがちょっと走り出し、女の子の倉田恵子ちゃんのところに行きました。すぐに駆け付けたMr.ジェイはチャコと仲良くしていた恵子ちゃんから、「二度と放しちゃだめだよ」と注意されると素直に謝りました。この時のMr.ジェイはとても素直でしたね。こんな人が人を殺すなんて考えられません。まさにギャップですね。

スポンサーリンク

Mr.ジェイのセリフは凄く短い

口数が少ないMr.ジェイなので、セリフも短く単純です。印象に残ったMr.ジェイのセリフをご紹介します。

心に残るセリフ1:怒りの2回繰り返し

チャコ!、チャコ!

これは第11話で酔っ払いがMr.ジェイにぶつかり抱いていたチャコが床に落ちた場面で出ました。酔っ払いへの怒りと、落としてしまった自分への怒りとチャコへの愛情がこの2回繰り返した事に詰まっていたのでしょう。

チャコへの愛情がとても強いMr.ジェイはその後一瞬で、酔っ払いの命を奪ってしまいました。

心に残るセリフ2:雄たけびの2回繰り返し

ウワォ~!!ウワォ~!!

クロコダイルオルフェノクがまたもや2度も同じ言葉を繰り返すほどの気合の入れよう。こちらは第11話でクロコダイルオルフェノクの初登場での名言です。単なる雄たけびではなく、かなり気合が入っている事が伝わってきますよね。

近くで鎖につながれていたチャコも殺気を感じたみたいです。でも、普段の優しいMr.ジェイも知っているから怖くはなかったみたいですね。

心に残るセリフ3:心配の2回繰り返し

チャコ、チャコ

最初に書いた、ある共通点分かりましたか?そうなんです、2回繰り返して言う事なんです。3つ目の名言も2回繰り返していましたよ。

これは第19話で、公園でチャコにボールを投げて遊んでいる時にチャコがボールを追いかけていなくなった時に出た言葉です。倉田恵子ちゃんがベンチで抱っこしてくれていました。

実はチャコを見つけた時も「チャコ、チャコ、チャコ」と今度は安心の3回繰り返し。無口なMr.ジェイはこの時、5回も「チャコ」と言ったことになりました。愛情が本当に強い事が分かりますよね。

心に残るセリフ4:素直に謝る

こちらは名言3の続きで、チャコから目を離した事をチャコを守ってくれた恵子ちゃんに怒られて、素直に謝ったMr.ジェイの言葉。

まだ小さい女の子に、こんなにしっかりと怒られるとはMr.ジェイも思っていなかったでしょうね。

パパ

この時は2回繰り返しはなかったんですね。

チャコはどうなったのか
主人がいなくなったチャコは倉田恵子ちゃんのところへ歩み寄りました。これでチャコにも普通のご主人が出来ましたね。
スポンサーリンク

クロコダイルオルフェノクについて

クロコダイルオルフェノクは強かったのかと考えると、間違いなく強かったと言っていいです。単独であそこまで仮面ライダーファイズを追い込んでおきながら勝てなかったのが仮面ライダーファイズの七不思議と言えるでしょう。強いけど勝てなかったクロコダイルオルフェノクは永遠に私の心に残るでしょう。

スポンサーリンク

平成仮面ライダーをご紹介

スポンサーリンク

無料期間で人気のアニメを見よう

1.作品数No.1のアニメ見放題サイト、dアニメストア♪
2.初回31日間無料!月額400円(税抜)で2,500作品以上のアニメが見放題!
3.31日間無料/ドコモのケータイ以外もOK !
4.ダウンロードが可能 、DLすれば、いつでもどこでも視聴可能♪
5.マルチデバイス対応 スマートフォン・タブレット・パソコンも対応
6.Chromecast,Fire TVではさらに高画質で見れる!

コメント