RG シャア専用ズゴック

ガンプラに挑戦

スポンサーリンク

登場作品

作品:機動戦士 ガンダム
名称:MSM-07S Z’GOK

スポンサーリンク

機体説明

 MSM-07ズゴックはMSM-03ゴッグについて開発された水陸両用MS。ジオン軍の潜水隊に配備され、上陸作戦などを展開していた。この機体は前期型をベースに反応炉の出力向上と運動性の改良、走行の材質変更などが施されてた後期型である。シャア大佐が乗っていたからと言って性能上は後期型量産機と基本スペックは同じで色が赤いだけである。

武装は頭部の240mmロケット砲6門、両腕のメガ粒子砲、クローを装備。防御は特に持たない。

スポンサーリンク

ズゴックの開発にあたって

 ジオン軍において、水陸両用MSはザクⅡの改良で対応する予定だったが、耐圧や装甲形状に問題があって新規の開発をすることとなった。最大の特徴は水中航行に適した形状で、駆動系を内装したこと。まさにズゴックがその典型であり、頭部から脚部まで可能な限りの流線型を保つ。これに加え、機体表面には極小の渦を発生させ、水を機体に密着させ、水の抵抗を極限にまで減らすボルテックスジェネレーターを備えている。また、水冷構造の採用により、ビーム兵器の稼働が可能なほどの高出力ジェネレーターも持つ。このように、ズゴックは当時の技術を最大限に活かすための工夫がされた機体であった。

スポンサーリンク

ズゴック完成写真

 何と言っても、ズゴックの最大の特徴は両腕のクロー。

(正面)

(左横から)

 (右後ろから)

スポンサーリンク

作成中の様子

(箱の蓋を開けた)

(こんなに足が曲がるのか)

 特に作成中はこまめに関節の動きの確認を行いました。かなり動くのにびっくり。

スポンサーリンク

決めポーズ

(シャアだ!奴が来たんだ!)

 

コメント