わたし、定時で帰ります。

ドラマの楽しさ教えます

 9:00~18:00が勤務時間。仕事はそれでいいはず。「日本人は遅刻にうるさいのに残業にはルーズだ」はドラマに出てきた言葉。なるほどその通りだと共感してしまった。仕事に明け暮れることが正しい事なのか。

放送時間:TBS、毎週火曜日22:00、4月16日(火)スタート

スポンサーリンク

オープニング

オープニング

 定時に帰る。ただそれだけ。残業している人を否定はしない。

(オープニング)

登場人物

登場人物演者役どころ
東山結衣吉高由美子WEBディレクター、残業をしない。
種田晃太郎向井理WEBプロデューサー、結衣の元婚約者、仕事優先
諏訪巧中丸雄一結衣の恋人、ライバル会社に勤務、家庭的
福永晴次ユースケサンタマリア会社が吸収され、新任部長として勤務
賤ケ岳八重内田有紀結衣の先輩、WEBディレクター、産後職場復帰

 

スポンサーリンク

第一話「定時に帰ること」

 定時に帰る東山結衣と、バリバリ仕事をする三谷佳菜子(シシド・カフカ)。対照的な2人。結衣が定時に帰る事を決めたのは、前の会社で働きすぎて、無理がたたって、ケガをしたため。三谷がバリバリ仕事をするのは不器用な自分の居場所を作るため。2人はWEB制作会社ネットヒーローズで、WEBディレクターをしている。

(定時に帰る結衣に話しかける三谷)

 

 三谷は新人への指導が厳しく、新入社員が会社を辞めた。三谷は新人の頃、厳しく育てられた時代を経験している。しかし、今の新入社員にそれは通用しない。三谷は同僚から古い人間だと言われ、会社を無断欠勤。三谷はこれまでに休んだことがない。かなりショックだったのだろう。その三谷を励ましに家まで行ったのが結衣。

 三谷は結衣を自分と相反する人間だと思っていたが、結衣と話をすることで、心が開かれ職場に戻ってきた。そして、産休を取っていた賤ケ岳、元カレの種田、曲者の福永部長が職場にそろう。

視聴率:9.5%

スポンサーリンク

第2話以降のあらすじ、ネタバレ

ここをクリックしてね

第二話「育児と仕事の間で」

 出産後、仕事復帰した賤ケ岳八重。福永部長から仕事を任され、張切るのだが、なかなか上手くいかない。仕事仲間へも無理な指示を出してしまい、仲間の心も離れてしまう。それでも、育児を理由に仕事ができないと思われたくない一心で、育児と仕事に頑張る。夫が育児休暇を取得している賤ケ岳家なのだが、子供が熱を出すと、八重も子供が気になって仕方がない。

 クライアント(ファイアーストロング)からもクレームを受け、何とか仲間の力を借りて、仕事を乗り切るが、八重は心も体もかなり疲れている様子。結衣が求めている賤ケ岳とは全く違う姿に、結衣が八重に救いの手を差し伸べる。「子供が熱を出したから帰ります」と簡単に言えるはずが、言えない八重。八重は何と闘っているのか。八重を説得する結衣。

(八重を説得する結衣)

 結衣の説得と仲間の協力を得て、ようやく帰る決心をした八重であった。

視聴率:10.4%

第三話「新人教育」

 ファイアーストロングのCMがSNSで炎上。原因は新入社員の来栖(泉澤祐希)が流したCM撮影中のタレントの発言(商品のマイナス発言)。来栖が友達に見せたものがSNSに拡散してしまった。社会人としての自覚もなく、休みの間に発生した事態に、来栖は逃げる。種田、結衣、八重が事の収束に動き、事態は収まった。

 自信を喪失する来栖は退職を考えるのだった。そして、次はスポーツ商品、ジムの「ランダースポーツ」の20年周年広告の提案依頼を受ける。担当は東山、アシスタントは来栖となった。会社を辞めることばかり考える来栖を何とか引っ張る結衣。さらにクライアントのメンバーは、緩い根性を嫌うスポーツ脳。スポーツの経験もなく、話が合わない結衣。アイデアも過去の広告と路線が合わない。来栖も相手にされない。

 そんな中、種田が結衣をフットサルに誘う。全くやったことがない結衣だが、チームの仲間が喜んでくれていることに楽しさを覚えた。

(結衣の空振りにズッコケる仲間たち)

 そんな結衣がランダースポーツに提案したのは、ランダースポーツ創立時のコンセプト「すべての人にスポーツを」だった。来栖も旧タイプのシューズの良さをプレゼン時に自信なさげに小声で伝えた。

 この作戦が功を奏し、ランダースポーツの専務の心をつかみ、ランダースポーツからのCMオファーを受けるのだった。そして、種田から担当は結衣&来栖と指示が出た。種田の言葉に喜ぶ来栖と、胸をなでおろす結衣。

(自信を持つ来栖)

視聴率:6.5%

第四話「恋は効率アップの特効薬」

 フロントエンドエンジニアの吾妻徹(柄本時生)が会社で寝泊まり。技術はあるのだが、仕事や生活にやる気がない。退社した後も再び会社に戻ってきて、仕事をしたり、遊んだり、寝たり。形式上はサービス残業になる。机にもフィギアを並べ、仕事効率が悪い。福永部長や種田に注意されてもただす気がない。

(吾妻の机)

 

そんな、吾妻だが桜宮彩奈(清水くるみ)が職場にやってきて突然変わる。桜宮は周りに気を配るのだが、吾妻の技術力を理解してくれて吾妻を褒める。吾妻はそんな桜宮に好意を持ち始めた。ある時、職場のコーヒーが美味しくないと、吾妻はコーヒーを飲まないことを知った桜宮は仕事に帰り、吾妻とコーヒー店にコーヒー豆を買いに行く。

 生きがいを見つけた吾妻は定時で帰る事を目指す。そのために、仕事アップの方法を結衣に教えてもらって実践していく。

(結衣が吾妻に効率UP教授)

 定時に帰る吾妻はある日、桜宮とその場にいた結衣を食事に誘う。しかし、その店の同じ年の店長と比較されて、大きくショックを受け、恋は諦めた様子で、再び自分の路線に戻るが、以前よりは周りとコミュニケーションが取れるようになっているのだった。

視聴率:8.4%

フロントエンドエンジニアリングとは

 情報システムやWebサイトを開発する技術者で、利用者が直接見聞きしたり操作する部分を担当する職種のこと。特に、WebサイトやWebサービスの開発で、閲覧者・利用者のWebブラウザ上で展開されるWebページの記述などを手がけるエンジニアのこと。

第五話「パワハラ攻略マル秘作戦」

(ランダーから断らせる)

 ランダースポーツから広告提案の差し替え依頼が来る。これまで順調に話を進めてきたランダーの専務がこのプロジェクトから外された。もう、中西(大澄賢也)の独壇場。中西は派遣でネットヒーローズに応援に来ている桜宮のプライベートにも踏み込んでくる。桜宮の人に好かれて仕事をするスタイルにも問題があった。ランダースポーツでは中西のような、パワハラ、セクハラ、スポハラは以前から横行しており、社内でもそれに不満を持つ若手も増えてきていた。今回、専務に代わり、若手の草加がこのプロジェクトに加わったが、草加もこの体制に疑問を持つ一人であった。

 ある日、中西が桜宮を陸上競技場に呼び、露出度が高い競技用ユニホームを着るよう桜宮に頼む。断れない桜宮は心折れながらその指示に従うのだった。この動画を取らされた草加が吾妻と東山に相談し、怒りが収まらない東山が福永部長、種田に相談する。しかし、ここでも福永部長は役に立たない。この件は種田が預かることとなった。

 その日の16:00にランダーとの打ち合わせが行われた。種田の作戦が上手くいき、ランダーから広告の断りを発言させる。種田はランダーの悪評をネタに、ランダーとの仕事を破棄するように上層部と掛け合っていたのだった。その条件がランダーから断らせることだった。後に、ランダースポーツのハラスメントが週刊誌に載り、東山たちは安堵した。暴露したのは中西の横にいた大石のようだった。

視聴率:9.8%

第六話「完璧すぎる上司の弱点」

(福永、種田、大貫の再会)

 種田が独立を考えているのか。ネットヒーローズ制作4部の人たちはそれが気になっている。噂では競合会社のベイシックオンの大貫慶太に誘われている。大貫は福永部長の会社で種田が一緒に働いていた元同僚だ。福永部長はその噂を聞いて、種田と大貫を呼んで酒の席を作る。福永部長の遠回しな独立反対話しが、酒の席を濁し、別れ際にも大貫にねちねちくぎを刺す。

 制作4部では来栖が初めてのディレクター業務に手を挙げた。来栖は明らかに種田を意識している。種田へのあこがれが芽生え始めていた。しかし、クライアントとは上手く話せなかった来栖は種田の流暢な話の持って行き方を前に、実力の差を見せつけられる。挙句の果てには、来栖は種田に暴言を吐く始末。制作4部にも不穏な空気が流れるのだった。

 種田には家に引きこもっている弟の愁がいる。結衣のメールの相手だ。1年ほど前に愁が会社を辞めた時から結衣は愁とメールをするようになっていたが、種田はそのことを知らなかった。

 種田は仕事の独立、来栖、愁と多くの物事を背負い込んでいた。信頼が厚く、仕事ができ、一見、完璧な上司に見えた種田も人間である。上手くいかないことはある。そんな中、種田は独立について断る決断をしていた。そして、仕事帰りの結衣と巧がいる上海飯店で種田が入ってきて、巧みに好条件を提示したはずの大貫の話を断った理由を聞かれ、種田は仕事は条件だけではないと話始め、結衣を好きだということを伝える種田だった。

視聴率:10.3%

第七話「娘と父の働き方改革」

(不器用な父)

 種田が酔っ払って諏訪と結衣の前で、結衣を好きだと言った後に酔って倒れた。この言葉は本音なのか?次の日、種田は言ったことを覚えていなかった。

 そんな中、母さんが家出したと父の宗典(小林隆)から結衣に電話が入る。実家に帰った結衣が父のスマホで母にメールすると、離婚したいとの返信が来た。父は仕事ばかりしてきた人だ。家のことはほったらかしで、結衣や母親は昔から不満を募らせていた。積もりに積もって、熟年離婚の危機となってしまった。

 仕事では大手の星印工場からの仕事が来た。しかし、低予算で通常の半値だ。福永部長が昔のよしみで勝手に低価格で見積もりを作ってしまったのだ。さすがに賤ケ岳、結衣、種田は無理だというが、種田が再度検討するとのことでその場の話を収めた。吾妻はオフ会で種田の昔の会社がかなりブラックだったうわさを聞き、制作4部の人たちに話す。

 結衣は実家のゴタゴタで仕事が思うように進まない。定時に帰るのが信条だが、父親からのメールの相手で気が付けば30分残業。周りの人たちもいつもの結衣と違うことを気に掛ける。挙句の果てに、仕事への考え方の違いで父親とけんかをする結衣だった。

 結局、実家の件は賤ケ岳や三谷の協力もあって、結衣は父親と仲直りしできた。母親も気持ちをリフレッシュして帰ってきて離婚はなくなった。しかし、星印工場の仕事については社内審査が通らない金額だったが、福永部長の暗躍が始まっていた。

視聴率:10.3%

第八話「家族と仕事の大きな選択」

(言ってしまった)

 星印工場からの仕事依頼の社内審査が通ってしまった。福永部長の根回しが役員を動かしたのだ。福永は星印の担当者の牛松がネットヒーローズの取引銀行である明成銀行頭取の息子だということを使ったのだ。そして、福永部長がチーフに抜擢したのは経験と信頼がある賤ケ岳だった。不穏な表情を浮かべながら賤ケ岳は了承した。

 しかし、賤ケ岳はプライベートでも、義理の母が倒れ、双子の赤ちゃんの世話もある、忙しくなる中、夫の陽介は母親が住む熊本に行ってしまった。

 そして、仕事でも星印の牛松が力不足で、星印の上司も打ち合わせに出てこない。ただでさえ、予算が通常の半分しかないのに、仕事が思うように進まないのだ。そして、牛松だけでは何も判断ができない。仕事も私生活も上手くいかない賤ケ岳がどんどん追い詰められていく。

 結衣も、賤ケ岳を気にするが、種田のフォローがあってもどうにもならない状況になってきた。その中で、賤ケ岳は家族のために休職して、夫と熊本に行くことを決意する。賤ケ岳は休職することを福永部長に頭を下げながら告げると、福永部長は不満タラタラ。あまりに見かねて結衣がチーフを引き継ぐと言ってしまった。制作4部全員が「言ってしまった~」と声に出したり、心の中で呟いた。これからどうなる結衣!

視聴率:9.1%

第九話「福永の陰謀」

(信頼?それ大事?)

 星印工場の仕事のリーダーを引き受けた結衣。突然、福永部長が懇意にしていた常務が退職した。管理の鬼としてネットヒーローズに君臨する石黒は福永に星印工業の案件で赤字が出ない様にくぎを刺す。さらに残業は月は80時間以内、質は落とさない事とさらにくぎを刺す。福永は窮地に追い込まらたが、福永は三谷、来栖をはじめ制作4部の人たちを懐柔し始めた。

 懐柔のネタとして、それぞれ個人の良さを褒めることと種田や結衣の負担を減らしてほしいと頼む。その言葉に乗せられて、会社外での残業をし始めた種田と結衣を除く制作4部だった。この事を知った結衣は福永に文句を言う。「こんなことしても信頼は得られない」と結衣が言うと、福永は「信頼?それ大事?」と聞き返す。

 結衣はみんなに福永に乗せられないように注意するが、結衣の言うことはもう耳に入らない。そして、とうとう結衣も残業をすることを決意するのだ。残業が続くと、みんなの疲労もたまり、チームがギクシャクし出した。結衣は結婚の準備も進まない、と電話で愚痴を賤ケ岳にこぼしてしまう。さらに来栖は種田さんの様になりたいと、さらに頑張るのだが、星印工場との打ち合わせが終って、その帰りに倒れてしまう。幸い、大事には至らなかった。

 結衣が来栖のことを、愁に相談すると、愁が来栖に会いたいと言い出し、2人は合うことになった。愁は来栖に自分の事や結衣と兄の種田晃太郎のことを話す。来栖がどう思ったかは分からないが2人は打ち解けたようだ。

 結衣の残業はまだまだ続く、結衣は同棲している婚約者の巧より、仕事を優先した生活が続いた。そんなある日、22時になって、種田だが帰るように結衣に言う。結衣が家に帰ると巧は結衣とは結婚できないと荷物をまとめていた。

視聴率:10.2%

最終話「何のための仕事」

 巧と別れることになった結衣は、精神的に追い詰められた。星印工場の仕事の納期も迫る中、外注先の倒産も起き、さらに結衣は追い詰められた。

 ある時、星印の磯貝課長は打ち合わせの後、磯貝課長は福永部長だけを残した。磯貝課長が以前勤めていたヤマトテクノロジーは福永部長の前の会社による下請けに無理をさせる仕事のせいで潰されていて、磯貝課長は福永部長に「信用できない」とはっきり言った。

 別の日に種田が星印に行くと、福永部長をこの案件から外さないとサイトの運用は任せられないと言われ、制作で赤字なのに、運用が他の会社に取られるわけにはいかないと、種田は会社に戻ってから結衣に相談した。2人で話し合った結果、種田に気を使った結衣が福永部長に話すことになった。

 福永部長が客の接待が終わった後、店の外で結衣が待っていた。結衣は福永部長に星印の案件から外れるように頼む。そこへ、種田も来て結衣と種田で福永部長に外れるように頼んだ。福永部長は不満タラタラ、仕事を取ってきて何がそんなに悪いのなど、言いたいことを言ったが、最後は、仕方なくこの案件から外れることを決めるのだった。そして、会社へも来なくなった。

 結衣たち制作4部は、復帰した賤ケ岳を加えて、納期に向けて星印工場の仕事を加速させるのだった。しかし、みんなの体力も限界来ていた。結衣は父親に相談し、ウォーキング途中の社長を捕まえて、人員補充を直談判することにした。

 そして、納期2日前の休日出勤の日に現れたのが、石黒だった。石黒は元やり手のエンジニア。仕事のペースがみんなが驚愕するほど上がっていた種田と石黒の加勢で一気に仕事を進める制作4部。

 そんな中、休憩の合間も仕事をしていた結衣が休憩室で倒れてしまった。休憩から帰ってこない結衣を探しに行った種田が倒れていた結衣を見つけた。倒れる時に頭を切った結衣は病院で1日半寝ていた。

 結衣は怪我よりも、日ごろの心労で完全に深い眠りについてしまっていた。しかし、種田は結衣が心配で仕事を他の者に任せ、結衣の看病をしていた。種田は目覚めた結衣に、星印工場の納品が完了した事、ネットヒーローズの社長自ら費用の件を含め星印工場と話しをつけたことを話した。

(目を覚ました結衣)

 打ち上げも終わり、すべてが終わった。人はなぜ仕事をするのか、を考えさせられた結衣と種田だった。日常生活に戻ったみんなだったが、過度な仕事を辞め、定時でどれだけ仕事をこなせるかと考えるようになり、働き方改革が進んでいた。最後に、種田が結衣に一緒に住まないかと聞いて、結衣が前向きに検討しますと答えてドラマは終わるのだった。

視聴率:12.5%

エンド

 

スポンサーリンク

他のドラマ 

今シーズンの他のドラマや、過去のドラマはこちら。