インハンド

ドラマの楽しさ教えます

 細菌をテーマにしたドラマ。寄生虫は人が誕生する前から地球上に存在し、人は寄生虫を敬うべきであると、主人公の天才寄生虫学者の紐倉哲は思っている。最新技術で作られた右手のロボットハンドが特徴的。

放送時間:TBS、毎週金曜日22:00、4月12日(金)スタート

スポンサーリンク

オープニング

オープニング

 右手がロボットハンドの変人天才寄生虫学者の紐倉哲が中心で自然と科学のイメージが交錯。

(オープニング)

登場人物

登場人物演者役どころ
紐倉哲山下智久右手がロボットハンドの変人天才寄生虫学者
牧野巴菜々緒東大主席卒、外務省からサイエンスメディカル対策室に出向中
高家春馬濱田岳救命救急医だが、病院を内部告発して解雇。紐倉の助手となる
網野肇光石研サイエンスメディカル対策室の室長

 

 

スポンサーリンク

第一話「シャーガス病」

 台田総合病院で奇妙な患者が運ばれた死亡した。救急医の高家は患者の症状からシャーガス病を疑ったが、病院は隠ぺいしようとする。シャーガス病(原因は寄生虫のトリパソーマ)は10年前にオケヤ食品が販売したチチクチオイルが原因で感染が広がった経緯がある。このチチクチオイルは厚生労働省の特保認定品だったので、厚生省と近い病院は表ざたにしたくない。

 しかし、正義感が強い高家は公的機関に内部告発した。その調査が内閣官房サイエンスメディカル室に回ってきて牧野が担当する。牧野が有識者を調べると、空いている学者が紐倉しかいいなく、牧野は紐倉のもとに行く、そして、紐倉と牧野は台田総合病院に行き状況を調べる。紐倉は内部告発者の高家とも会う。そんな中、高家は内部告発したことが病院にばれて、不正をでっちあげられ、病院を解雇される。

 行き場を失った高家だったが、紐倉、牧野とともに原因を調査。結果、過去のシャーガス病被害者の父親の江里口(風間杜夫)が今回の事件の主犯だったことがわかる。

 事件が解決し、行くところがなくなった高家は再び紐倉研究所へ、牧野もまた紐倉のところに顔をだす。

視聴率:10.1% 

スポンサーリンク

第二話「ハートランドウィルス」

 日本に未上陸ウィルスが原因で死者が出た。原因はスーパースプレッダーによるハートランドウィルスの拡散。そのスパースプレッダーは子供の金井渉。

 第一の被害者はその母親だった。その後、別居しているが秘かに会っていた父親、アジリティ大会(犬の競技)の参加者、柔道教室の人たちが発症。本来ハートランドウィルスを媒介するシカダニは日本にいない。

 感染経路はアメリカ帰りの貿易会社社長の父親がシカダニを持ち込んだ。そして、父親に会いに行った渉もシカダニに噛まれたが、特異体質のため発症しない。そのまま、アジリティ大会(犬の協議)を見に行った渉が参加者に接触したため、後日関係者が発症し、渉が通う柔道教室でも感染者が発生した。過去にチフスのメアリーが同じようにスーパースプレッターだった。

 原因は解明できたが渉は自分が母親を殺し、自分を歩く兵器だと責めるが、紐倉は渉を人類の希望だといって前を向かせた。

視聴率:9.5%

スポンサーリンク

第三話「ウェルナー症候群」

 ウェルナー症候群は成人以降の早老病。世界の事例が1300例程だが、うち日本人が800人。この理由は、日本人の祖先にウェルナー症候群原因遺伝子を持つ人が多く存在していたという可能性があげられる。しかし、認知されていない地域も多く、不明な点も多い。

 紐倉が学生時代に教わった瀬見まき子(観月ありさ)は当時からベニクラゲの研究を助手で妹のみき子(松本若菜)と進めていた。その理由は、ベニクラゲの特異性にある。ベニクラゲは老いると幼少に戻る、ある意味不老不死の性質を持っている。まき子はウェルナー症候群のみき子を救うために研究していた。

(ベニクラゲ)

 その妹も亡くなり、まき子は悪の道へ進んでしまった。表向きにはベニクラゲのテロメラーゼアンチエイジングを行う会社のCEOとなるが、その会社の裏では、密輸輸血で若返る違法組織だ。まき子自身も、違法輸血が原因でクロイツフェルト・ヤコブ病になってしまうのだった。

視聴率:9.1%

スポンサーリンク

第四話「ボルナ病ウィルス」

 水原舞が自殺、菊池香織は自殺未遂、緒田貴成は行方不明、そして、源田外務事務次官のもとに脅迫状が届いた。内容は「自殺ウィルスで、娘(源田恵奈)を自殺させる」と書いてあった。

 その調査がサイエンス・メディカル対策室が受け持つことに。早速、牧野は紐倉に相談。そして調査開始となった。直後、入院していた菊池が2度目の自殺未遂、その場にいた源田恵奈と出会う。牧野は恵奈を紐倉の研究所に招き、事情を聴くが、紐倉は脅迫状の犯人は恵奈だと見抜く。

(紐倉達に真相を調査依頼する恵奈)

 

 恵奈は少し前にセクメト・ジャパンが実施しているSQ-61(非ステロイド性鎮痛薬)の新薬のモニターバイトに恵奈を含めた、4人で参加したという。4人は幼馴染だった。1年ほど前にSNSで再会して、実際行動も共にしていた。そんな中、恵奈が治験モニターのバイトの話を持ち掛けて4人で治験を受けることとなった。

 セクメト・ジャパンの担当者は鍋島智樹(山中崇)。SQ-61はウィルス感染時に服用すると脳症を起こし、異常行動をとって、自殺をする可能性がある。鍋島は治験前にはウィルスチェックはしていたという。しかし、紐倉は今回の3人は子供の頃に馬からボルナ病ウィルスに感染していたことを突き止めた。ボルナ病ウィルスは治験前の検査から漏れていたのだ。紐倉は鍋島にその真相を話すが、鍋島はすでに知っていたはずだと追及する。

(鍋島を追求する紐倉)

 

 案の定、鍋島はそのことは知っていたが、100億円の研究費を無駄にできないと公表せず、治験を進めていたことも明らかになった。

 一方、鍋島の元共同研究者の入谷廻は5年前に自殺をた元紐倉の助手であった。紐倉はCDC(アメリカ国立疾病予防管理センター)に所属していた時、東南アジアで無茶な実験をしていた。紐倉はアメリカ陸軍からのその実験を追及されたが、責任を入谷に押し付けたという。そして、アメリカ陸軍からの追及に耐えかねて入谷は自殺した。その後、紐倉はアメリカのあらゆるアメリカの学会を除名処分されている。この件については、まだ謎が多い。

視聴率:7.7%

スポンサーリンク

第五話「エボラウイルス、紐倉の過去」

(米軍に命を狙われた入谷)

 5年前フィリピン沖の島でCDC研究者として、紐倉と入谷、その上司の福山一成(時任三郎)は細菌の調査をしていた。ある日、7才の少女がエボラウイルスに感染した。紐倉と入谷が調査した結果、感染源は米軍機の墜落機が運んでいた人工的に改良した新型エボラウイルス(生物兵器)だった。

 米軍は墜落を分かって、CDCに調査を依頼したと、紐倉と入谷は真相をつかんだ。その後、強制的にアメリカの研究室に戻らされた紐倉と入谷だったが、入谷は独断で、新型エボラウイルスを持って帰り、治療薬の開発を行っていた。それに気づいた米軍は入谷を暗殺するために研究室を訪れる。紐倉も島からの情報が来て、島が焼き払われたことを知り、入谷の研究にも気が付いた。

 入谷は紐倉が無関係であることを米軍に分からせるために、研究室の屋上で紐倉を罵倒して、飛び降りるのだった。しかし、間一髪、紐倉が入谷を掴む。それを米軍のスナイパーが照準を合わせて狙っている。そして、紐倉が入谷を引き上げようとした瞬間、狙撃され、紐倉の右腕が撃たれ、入谷は落下した。

 高家と牧野はフューチャージーン株式会社CEDとなっている元紐倉の上司福山からのそのすべてを聞くのだった。

視聴率:9.0

スポンサーリンク

第六話「遺伝子ドーピング」

(野桐を見送る紐倉)

 内閣官房のサイエンスメディカル対策室の正式なアドバイザーとなった紐倉博士と助手の高家。最初の依頼は、陸上10000mの日本記録を5回更新した国民栄誉賞候補の野桐駿(清原翔)のドーピング調査となった。1回目の調査ではドーピングは行われていないと診断し、内閣官房にも報告する紐倉らだが、紐倉は野桐の行動が気になっていた。野桐は走る前から走った後まで毎回、正確なルーティンを行う。その際に、体の各部位を触るのだが、それに目が行く。2年前の映像と比べても紐倉の目には明らかな違いがあることが分かった。内閣官房からは調査の終了の指示を受けるが、紐倉には関係ない。紐倉は自分に興味があることは徹底的に調べる。

 紐倉は高家を連れて野桐の高地トレーニングにも勝手についていく。そこで、ある言葉に反応した野桐に気が付いた。その言葉は「遺伝子」。その後、野桐の父親とも会い実家に招かれる。。そこで、ある封筒を見つける紐倉だった。骨髄移植の適合を調べるHLA適合検査だった。

 紐倉にはおおよその謎は解けた。研究室にもどり、野桐のドーピング検査の時に採取した血液を再び調べ、その答えは出た。

 最後の大会に臨む野桐駿はスタジアムのレース前の練習場にた。そこへ現れた紐倉と高家。紐倉は野桐に遺伝子ドーピングを話す。当然、野桐も認識している。そして、その遺伝子ドーピングでは正常な遺伝子をも傷つけてしまうオフターゲットが起こる事も知っていた。野桐の体の中ではそのオフターゲットにより悪性リンパ腫が発症していた。野桐はこの大会を最後にするつもりだが、高家は野桐を説得するが、野桐は0.1秒でも早い世界、景色を見たいとレースに出場。レースの終盤野桐は倒れるのだった。翌朝、そのニュースがテレビに流れる。

 紐倉は野桐を止めることはしなかった。紐倉には野桐の思いを理解できる。野桐にとってドーピングとは早く走るだけの手段に過ぎなかった。野桐は純粋に速く走りたい、ただそれだけなのである。

視聴率:9.8%

スポンサーリンク

第七話「父親が残した腸内細菌」

(難病を乗り越えた4人)

 牧野の娘、橘香織はPID(原発性免疫不全症候群)で入院していた。香りの父親の橘賢一(牧野の夫)もPID遺伝子を持っていたが、賢一は発症しなかった。しかし、PID研究の過労により、事故にあい亡くなっていた。PIDの研究は賢一の親が引き続き行っているが、思うような成果は得られず、研究費の援助も打ち切りとなった。

 牧野は救世主兄弟を考え、賢一が残した冷凍遺伝子で、受精を繰り返し行うがこちらも上手くいかず、紐倉に治療法の研究を頼むのだった。紐倉は高家とともに、たちばな研究所に行き、研究資料をみると、賢一は自分に関するデータ、実物を冷凍精子以外にもたくさん残していた。紐倉はたちばな研究所から大量の資料を紐倉研究所に運ばせ資料を調べる。さすがの天才研究者紐倉も苦戦するが、美香の容態が悪化したと同時に新しい対処法の糞便移植を思いつく。

 糞便は腸内細菌の宝庫。賢一の保存された糞便から細菌を取り出し美香に移植することを美香の主治医に提案する。その処置の結果、無事に元気になる美香だった。今回は極まれなケースで、PIDが消化器官にのみ発症したこと、賢一の腸内細菌があったことから美香は救われた。紐倉は元上司のフューチャージーンCEOの福山にたちばな研究所にPID研究費の援助をしてもらう話をつけたのだった。

視聴率:9.0%

スポンサーリンク

第八話「鬼の遺伝子」

(呪いのポスターからサンプル摂取)

 鬼の遺伝子は存在するのだろうか?キガシマHDの次期社長候補の園川直継が自殺をし、キガシマのポスターの女性の髪には赤いインクが塗られていた。SNSでは呪いのポスターと話題となっていた。紐倉はそのポスターに興味を持ち早速、高家とともにポスターを調べに行く。

 紐倉が調査した結果、赤い血は赤色を呈するセラチア・マルセッセンスという菌であることが判明する。紐倉はさらに調べようと、園川直継の家に行くがそこで経産省の調査とかち合う。経産省の顧問として現れたのが紐倉と大学の同期だった遠藤匡晃(要潤)だった。この事件は経産省が担当することになっていた。

 しかし、サイエンスメディカル対策室の網野室長は経産省局長の丸山の大学の同期であり、網野は丸山にライバル心を燃やし、紐倉達に調査を進めるように指示を出す。

 キガシマHDの園川会長は自殺した直継の父。直継の曽祖父がこの会社の創始者だが、園川家は鬼伝説がある上之宝島出身だった。紐倉達は鬼伝説を調べると、遺伝子の創始者効果に行きついた。創始者効果により遺伝子が濃くなった家系には荒い気性や感情豊かな性質が伝搬する。

 曽祖父の園川大次郎の髪は赤く、直継の髪も赤い。赤い髪は鬼の血の特徴だ。しかし、父の務(柄本明)の髪は黒かった。務は大次郎の気性の荒さを身をもって体験していたので、赤い髪の直継が生まれてからは、直継に鬼にならないように執拗に言って聞かせていた。直継も自分が鬼の血を持つことを自覚していた。

 しかし、鬼の遺伝子が気になっていた直継は仕事で知り合った遠藤に上之宝島出身の38人の遺伝子を調査することを依頼する。調査結果ではMAOA遺伝子型を持つ人が87%いることを知り、自分もその1人だと確証を掴んだ。絶望した直継は自殺の道を選んだのだった。

 人は遺伝子で決まるのか。生きた環境で決まるのか。紐倉は務に問う。紐倉の答えは両方。呪文のように言い聞かせていた言葉が、直継の自殺を招いたのではないかと務に話す。

 遠藤の調査で新たに鬼遺伝子を持つ子供がいた。39人目の調査対象者だ。その子は直継の元恋人が直継と別れた後に生んだ子供だった。その子は心優しい絵を描く保育園児だった。遠藤はこの子供の存在を直継に伝えていれば、直継の自殺を止められてのではないかと後悔していたのだった。

視聴率:7.6%

スポンサーリンク

第九話「治療放棄の裏側で」

(勝手なことをする顔)

 高家の母親が紐倉の研究所にやってきた。高家の地元の栃木県相羽村唯一の病院の院長をしていて、高家が子供の頃に世話になった小泉陽子先生が、高家が前に勤めていた台田総合病院に入院していた。母親は陽子先生が気になって来たのだという。高家と因縁のある環境が整った。

 高家は陽子先生に会うために紐倉と台田総合病院に行くが、陽子先生は治療もされずに放置されていることを知る。状況をもっと調べるために、高家は紐倉とともに夜の病院に侵入してデータを見ることにした。

 データを見た結果、紐倉は陽子先生はセリアック病(下参照)だと判断する。そして、黒野院長が気が付いていないはずはなく、何か裏があると推測する。牧野に相談したが、SM対策室は動けない言われ、高家は牧野から勝手なことはするなとくぎを刺されるが、勝手なことをしないはずがない高家と紐倉だった。

 (セリアック病)

グルテンを含む小麦、大麦、ライ麦などから作られた食物を摂取すると、免疫が応答し、自身の小腸の粘膜を傷つけてしまう。グルテンを除去した食事を摂ることで症状は回復する。通常、欧州で多くみられ、アフリカや日本では非常に稀な疾患。

 2人の作戦は強制的転院という名の誘拐。高家が病院関係者を引き付けている間に紐倉は陽子先生をベッドごと運び出すのだった。無事に強制的転院に成功した2人は陽子先生を高家を慕う栄和記念病院の佐久間医師ものとに入院させた。

 紐倉が調査を進めた結果、点滴に含まれるはずのないグルテンが混ぜられていたことが分かり、黒野院長によって陽子先生は治療を放置されていたどころか、悪化させられていたことを突き止める。

 厚労省とつながりの太い黒野は陽子の居場所を知ると、取り返しに栄和記念病院に行くのだが、陽子を悪化させようとしていたことがバレ、警察に捕まるのだった。

 そこまでして、陽子先生を殺害しようとした理由は、厚生労働省とフューチャージーンの日本初のBSL4(生物学的安全性レベル4)施設の建設が絡んでいるのだった。建設予定地が栃木県相羽村の廃校した相羽小学校の跡地なのだが、その土地の共同名義に陽子先生が入っており、「相場村BLS4施設建設の中止を求める会」の代表が陽子先生だった。

 今回の件は厚生労働省医政務局長の瀬川幹夫に抗議をしに行った時に喘息が起き、セリアック病が発症し、陽子先生が倒れたのを都合のいい事に、瀬川が黒木に陽子の口封じを命じたものだった。

 これからBSL4建設を巡っての攻防が始まるのだった。

視聴率:8.5%

スポンサーリンク

第十話「新型エボラで相羽村が封鎖」

(楽しく食事をする3人)

 高家の故郷の栃木県相羽村にBLS4(生物学的安全性レベル4)の研究施設を作るため、厚生労働省の瀬川とフューチャージーンCEO福山は動いていた。そして、紐倉にもその話が来た。福山と瀬川はSM対策室のアドバイザーを辞めることを条件に紐倉に副センター長にならないかと持ち掛ける。

 紐倉と高家は相羽村にいくと、村中で反対運動が起きていた。高家は役場で、幼馴染の杉山美園や棚橋弘樹と再会する。その夜、紐倉と高家は美園と食事をして、高家の家に泊まった。牧野は連絡付かない紐倉を探していたが、テレビに映っていた紐倉を見つけ相羽村に向かうことにした。この日までは、楽しい日々が送られてた相羽村だったが、次の日に村の様相は一転し、最悪の事態へと進んでいく。

 次の日、紐倉と高家は村で唯一の病院に行くと患者が多くて、見かねた高家は急遽、患者の診察を行うことにした。一方、紐倉はBLS4建設予定地の小学校で福山と会うことになっていたので、高家とは一旦別れる。紐倉は病院で咳き込み、汗をかく患者(美園の父の杉山実喜男)を見ていた。

 紐倉は小学校に行き、福山にBLS4の副センター長の話を断った。ちょうどその時、牧野が役場に行った後、役場で出会った美園と一緒に小学校に来た。紐倉は校庭で血を吐いたコウモリの死体を見つけ、美園には父が倒れたと連絡が入る。病院に駆け付けた紐倉はエボラウイルスの可能性があるとして、牧野と高家に指示を出すのだった。

 ここから事態は最悪の方向へ進んでいった。エボラウィルスの感染は一気に広まり、国の判断で相羽村は全面封鎖されることとなった。牧野は封鎖前に村を出たが、紐倉はこの村に残った。

 さらにこのエボラウィルスは、紐倉が危惧していた感染力、殺傷力が高い米軍が開発した新型エボラウィルスであることが福山の話で判明した。

 紐倉達は福永とともに防護服を着て、棚橋の案内で原因と思われる山小屋へと行った。そこには、フューチャージーンから持ち出された新型エボラウィルスによって死んだと思われる研究員が倒れていた。

視聴率:8.5%

スポンサーリンク

第十一話「天才と虫たちが村を救う」

(タイムカプセル)

 新型エボラウィルスが猛威を振るっている相羽村で紐倉と高家は奮闘していた。高家は患者を見て、紐倉は対応策を考えていた。感染者は53人、内死者は12人だったが、日を追うごとに増えていった。封鎖後31日目には感染者203人、死者75人となり、悪化するばかりだった。ウィルスは美園のお腹の中の赤ちゃんの父親の棚橋弘樹も襲った。この5日後弘樹はなくなった。封鎖後36日目、感染者は217人、死者は178人となった。

 その間に、SM対策室の御子柴により厚労省と金子議員のフュ-チャージーンとの癒着が発覚した。報道されていたが、相羽村の悲劇に比べれば、小さすぎる事件だった。フューチャージーンCEO福山は患っていた肺がんで、相羽村の病院で息を引き取った。

 新型エボラウィルスはどこから来たのか。それは福山新が科学者としての誤った判断で持ち出したものが、共同で研究していた柏木によって、ウィルスに感染した猿が相羽村の山に放たれた。柏木は死んだが、新は警察に捕まった。こちらも相羽村の悲劇に比べれば小さな事件だ。しかし、この小さな事件により悲劇が生まれたのだ。

 紐倉は生ワクチンの開発に着手した。いつできるかわからないが紐倉は天才だやるしかない。封鎖後285日目、感染者401人となった。紐倉の提案により、人々は未来に向けて手紙を書いた。

 そんな時、美園の陣痛が始まり、逆子であることが判明。高家が牧野の協力により、画像の向こうに産婦人科医の指示のもと、美園の帝王切開を成功させるのだった。

 封鎖後299日目、高家がウィルスに感染した。紐倉は生ワクチンの開発を進めるがどうしても完成しない。徐々に弱る高家はとうとう死ぬボーダーと言われる5日目を迎えたのだ。高家が紐倉と牧野の前で命を落とした。

 と思われたが、高家の脈を確認した紐倉は高家が死んでいない事に気づき、活路を見出す。高家の体の中ではウィルスが弱毒化していたのだ。原因は高家が子供のころから食べていた有機野菜についていた細菌たちだと、紐倉は考えた。高家の体の中には寄生虫もたくさんいたのだ。高家の体から得られたウィルスで紐倉は生ワクチンを完成させ村を救った。村の封鎖も解除され紐倉と高家、牧野が喜ぶのだった。

 その後、牧野は外務省に戻り、高家は子供のころからの夢だった国境なき医師団に入り海外に行った。紐倉は内閣総理大臣顕彰を断った。しかし、紐倉はパスポートを手に入れ、自由に海外に行くのだった。その海外でも紐倉は偶然?高家と出会い、元気に寄生虫を調査するのだった。

視聴率:10.8%

エンド

 

 

 

 

スポンサーリンク

その他のドラマ