白衣の戦士

ドラマの楽しさ教えます

 おしとやかなナースは男の妄想。ナースもガンガン生きてます。仕事も恋も戦ってます。痛快ナースドラマ。他局だが、何年も前にあった、観月ありさ&松下由樹の「ナースのお仕事」みたいな感じかな。

放送時間:日テレ、毎週水曜日22:00、4月10日(水)スタート

スポンサーリンク

オープニング

オープニング

 いかにもナース。女子してますって感じのオープニング

(オープニング)

 登場人物

登場人物演者役どころ
立花はるか中条あやみ元ヤンの新人看護師、明るくストレート
三原夏美水川あさみはるかの指導係、姉御肌ナース
本城昭之沢村一樹明るく頼れる看護師長
斎藤光小瀧望はるかと同期、爽やか体育会系新人ナース
柳楽圭一郎安田顕のんびりしている外科医、実は優秀

 

スポンサーリンク

第一話「元ヤンナース登場」

 四季総合病院で今日から勤務する元ヤンの新人ナース、立花はるか。彼女は情熱的で人情深く、やる気が空回りすることも多いようだ。指導係には早く結婚をして病院を退職したい三原夏美がつく。

同期の男性新人ナース斎藤光には小野貴子(鈴木紗理奈)が指導係となる。はるかは斎藤にライバル心むき出し。

 はるかの言動は元ヤン丸出し。でも、患者のことを一生懸命考えて行動する。反抗期の少年患者には母親の苦労を説き、年配女性患者には桜を見に行かせたり、患者のミスを責めない。一本筋が通った元ヤンナース。はるかと夏美の仕事に恋に戦うナースのドラマがはじまった。

視聴率 10.3%

スポンサーリンク

第2話以降のあらすじ、ネタバレ

ここをクリックしてね

第二話「斎藤の元カノ真理子」

 新人ナース斎藤の大学時代の彼女が四季総合病院に入院しに来た。病名は胃潰瘍。彼女の名は杉本真理子、京浜銀行の新入社員。しかし、周りの人たちのレベルに圧倒されて仕事を続けていく気力をなくしていた。そして、銀行を辞めたいと言い出した。病気が治るのを避けて薬も捨てる始末。そんな、真理子をはるかが救う。

 夏美はナースを続けるために、結婚相談所に紹介してもらった人(結婚条件はナースを辞めることだった)と別れる決意をする。ナースの仕事は夏美にとって一生やり続ける仕事だと再認識させられた。これは、はるかが真理子を救う姿を見たからだ。

 はるかの励ましによって、真理子はもう一度銀行で頑張ることを決意したのだった。そして、斎藤とはるかの距離が少し縮まった。

(斎藤の部屋で鍋を食べる2人)

視聴率:9.3%

第三話「患者と涙の別れ」

 元看護士の中村加奈(財前直見)が四季総合病院に入院してきた。病名はすい臓がん。余命は短い。入院した時は元気で、夏美やはるかにダメ出しをしていたが、徐々にその元気もなくなってくる。はるかは初めての患者の終末期に立ち会う。喧嘩別れしていた一人息子の中村太一(白洲迅)もはるかのおかげで亡くなる前に母親と話ができた。

 そして、とうとう加奈が亡くなった。涙の別れ、はるかは夏美とともに加奈を奇麗にするのだった。

(涙を流す2人)

視聴率:9.3%

第四話「戦う父親看護師」

(合コンで戦う戦士たち)

(ギャル化した元天使)

 看護師長本城の娘、平井沙耶が虫垂炎で四季総合病人に入院しに来た。本城は妻と7年前に離婚したが、決別したわけでもなく、元妻はすでに再婚している。沙耶は子供のころから、この病院で診てもらっているのだが、子供の頃は天使だった沙耶は高校生となって、「ギャル」化していた。元ヤンのはるかと先輩の夏美は沙耶に振り回される。

 ある日、沙耶の病気が悪化して、手術しなければならなくなったのだが、沙耶は手術を拒否。沙耶には好きな人がいて、その人と、夏に海に行く約束をしていた。その人に傷の付いた体を見せたくない。

 本城と夏美の説得で沙耶が手術を受けることを決心した矢先に、虫垂炎がさらに悪化、手術をすることになる。手術痕もほぼ目立たないほどで無事手術が成功して笑顔になる沙耶と本城たちだった。

 この間にも夏美とはるかの恋も動き出す。夏美は本城を意識して、はるかは斎藤を意識する。合コンに行っていた2人だったが、自分に恋が芽生えていたことに気が付くのだった。

視聴率:8.4%

第五話「院内不倫に終止符」

(主任の決意)

 今回は院内の恋愛事情。それも不倫。それも村上主任が清水医師と不倫。しかも3年間。さて、この結末はどうなるのか。

 はるかと斎藤が映画を見に行ったときに、村上主任と清水医師が親しそうに話をしながら映画館から出てきた。明らかに女の幸せ顔になっていた主任に、驚く2人であった。翌日、はるかはそのことを夏美に話をするが、清水医師は結婚していると知って驚き。主任の不倫が判明。

 清水医師の奥さんはちょうど妊娠中。四季総合病院に診察に来ていた。清水医師と奥さんの様子を見てショックを受ける主任。分かっていても恋は仕事と違ってスパッといかない。

 そんな時、清水医師の奥さんが、病院の外で腹痛を起こし倒れているところを主任が見つける。主任はナースとして、何も知らない奥さんを助けるのだった。そして、清水医師と別れることを決意するのだった。

 他にも、看護師の雪乃も院内で付き合っている彼がいたのだが、他の女と一緒にいるところに出くわして別れを決意。はるかは斎藤に近づくも斎藤は無反応。本城は夏美の相談相手から先に進まない状況。いろんな状況でナースは仕事に恋に戦っているのだ。

視聴率:8.3%

第六話「夫婦のありかた」

(クルミ軒での一幕)

 以前、夏美が結婚相談所で紹介を受けた里中詠一が検査入院で、四季総合病院にやってきた。担当ナースは夏美。再び恋が芽生えるのか。里中は結婚相手には仕事を辞めてほしい、夏美は仕事を続けたい。と考えの不一致でお互い理解して見合いは夏美が断った形となっていた。

 同じ日に里中と同じ病室に、外傷でわがままな胡桃沢茂が入院してきて、はるかと夏美が担当する。里中は夏美の仕事の姿、病院で働く人たちの姿を見て、夏美に仕事を続けてもいいから結婚を前提に付き合ってほしいと退院間際にプロポーズした。

 そんな時に、胡桃沢が病室からいなくなる。胡桃沢は夫婦でハンバーグ洋食屋「クルミ軒」をしていた。その店を持病を持つ奥さんが一人で開けていることを知り、心配になって店に向かっていたのだ。はるかと夏美も胡桃沢はクルミ軒に行ったに違いないと後を追う。胡桃沢が店に到着する前にはるかと夏美は胡桃沢を見つけるが、話を聞き一緒にクルミ軒へ行ってみると、奥さんが苦しんで倒れていた。奥さんはそのまま、救急車に運ばれて入院となった。病院では胡桃沢は奥さんを看病するのだった。

 その姿を見て、夏美は夫婦のありかたを考えさせられる。そして、夏美が出した答えは、里中のプロポーズを断り、結婚相談所も大会することだった。本城師長は夏美からその話を聞き喜ぶのだった。一方、はるかは酒の勢いを借りて斎藤にキスをして、眠ってしまうのだった。

視聴率:7.2%

第七話「シングルマザーは1人じゃない」

(祐輔と抱き合う小野)

 今日は四季総合病院で子供見学会の日。院内の案内をはるかと夏美が担当する。子供たちの中で一番手をやいた子供が看護師で一緒に働いている小野貴子(鈴木紗理奈)の子供の祐輔だった。元気過ぎて、言うことを聞かない祐輔だが、小野が怒ると素直に言うことを聞く子供だった。

 小野は離婚してシングルマザーとして祐輔を育てている。夜勤の時は近くに住む母親が祐輔の面倒を見てくれていた。そんな母親が入院することになり、小野が夜勤の日にはるかが祐輔の面倒を見ることになった。途中、夏美も加わって、問題なく祐輔の面倒を見ることはできた。

 その翌日、夜勤上がりで昼間寝ていた母親の食事を作ろうと祐輔はするのだが、火傷をしてしまう。幸い、軽傷だったのだが、別れた夫からは祐輔を引き取ると言われ心が揺らぐ。そんな中、心労が重なり小野は倒れてしまう。師長に言われて、病院の一室で休むことになるのだが、その時、小野ははるかや夏美、他の看護師たちに支えられていることに気づく。小野は離婚してからは1人で子育てをしていたつもりだったが、そうではないと心を強くした。もう一度、祐輔と一緒に暮らしていくことを決意したのだった。

視聴率:7.7%

第八話「夢の結婚式」

(4人の密会があっさりバレる)

 立花はるかと斎藤光、三原夏美と本城師長が成り行きでダブルデートの様相になってしまい、お互いの状況を探り合う。はるかは今日、斎藤に告白しようと思っていたと、告白する前に3人の前で話す。すると、夏美から付き合ってもないのにキスしたの?と突っ込まれ、斎藤からはそうなの?と聞き返され、本城はもうキスまでしたのかと悔しさを呟く。そんな会話をしていると、突然、柳楽が入ってきた。斎藤がどこから聞いていたのか聞くと、柳楽はダブルデートの辺りからというと、初めからじゃないですかと4人に突っ込まれる始末。あっけなく4人の秘密がバレてしまったのだ。でも、本城は柳楽にこのことは秘密にするようにとくぎを刺す。

 病院では入院していた相沢沙織が退院後、結婚する事が、ナースステーションで話題になっていた。沙織の夢は結婚式を挙げることで、1年間の予約待ちをして憧れのヴェルサリオで式を挙げることとなった。しかし、体調が気になる主治医の柳楽だった。結婚式前日から腹痛を感じていた沙織だったがそのまま結婚式に出ようとして、式直前に腹痛で倒れた。偶然、出くわせた夏美とはるかが処置をして、救急車で沙織は運ばれ、手術は無事成功するのだが、結婚式を挙げられず、参列者の方々に迷惑をかけたことに沙織は大きくショックを受けた。

 沙織を慰める柳楽だったが、実は、柳楽本人は奥さんから家を追い出され、病院で寝泊まり状態。人にはかっこいい事が言えても、自分のことはさっぱりだと、はるか達たちに突っ込まれる。しかし、本城の計らいで、奥さんが病院に柳楽を迎えに来て柳楽夫婦の危機も乗り切るのだった。

 口の軽そうな柳楽だが、4人のことはまだ、秘密にできている様だ。でも、本城と夏美には少しいじっている様子で接するのだった。

視聴率:8.4%

第九話「父と息子の理解」

(デートの朝、気合十分)

 斎藤の気持ちがはるかに向かおうとしていた。はるかは夏美に言われて両思いであることに気づいて、気合が入る。

 明日は偶然はるかと斎藤、夏美と本城が休みとなっていた。本城は夏美を誘い、はるかは斎藤を誘い、それぞれデートの約束をした。夏美と本城はランチデートの予定だが、はるかと斎藤は明日までに決めようと言うことになった。はるかにとっては楽しい宿題だ。そして、デートの朝、気合が入るはるかと夏美だった。

 デート当日、夏美は本城とランチを食べて、映画を見ることになった。端々に、本城の人間性を見る夏美。一方、はるかと斎藤はというと、突然、斎藤の両親が寮に来たのだ。はるかは斎藤と、ご両親と4人で食事をして、両親公認のお付き合いを狙うのだが、突然、斎藤の父親・渡が倒れた。

 斎藤の実家は伊豆で70年の歴史がある老舗旅館を経営している。しかし、渡は光が看護師になることを反対して、そこから光と渡の仲が悪くなっていた。

 父親は胃潰瘍で四季総合病院に入院することとなった。入院したては渡は光のことを、全く受け入れなかったが、徐々に光の仕事や考え方について受け入れるのだった。

 渡の病状が悪化し、緊急手術をすることになった。光にとって渡は偉大な存在だったが、親の弱る姿を見て感慨する。緊急手術は無事に終わった。

 光は渡に旅館を継ぐことも自分の使命かもしれないが、看護師を続けたいと伝えると、渡もそのつもりで、他に後継者を育てていると光に伝える。渡も光のことを受け入れていた。退院の日、光の母は、はるかに光のことをよろしくと頼むのだった。

 その日の帰り、光るははるかにこれまで言いそびれてきた「橘の事が好きだ」と告白するのだった。

視聴率:8.4%

最終話「はるかと夏美の未来」

(ナースになって良かった)

 はるかと斎藤、夏美と本城のお付き合いが始まった。はるかは朝起きてから昨日のことが夢ではないかと心配したが、斎藤からメールが来てホッとする。夏美は朝から本城と食事、昨日、本城は夏美の家に泊まったのだ。と、そこへ突然、夏美の母・幸江(高橋ひとみ)が家に来た。驚く本城はあまりの突然に言葉も出ずに母・幸江は気を使って出かけてしまう。

 幸せが2人を包む中、病院では、院長の紹介で入院していた都議会議員の五十嵐(東幹久)の担当をはるかと夏美が任されることになった。外科に来る前に内科にいたが、緊急手術のために外科に来た。五十嵐は糖尿病で血糖値に注意が必要、甘い物は厳禁だが、甘い物が大好き。奥さんからも2人は甘い物に注意してもらうように頼まれた。その直後、病室に戻ったはるかと夏美が見たのは、さっそく甘い物を食べる五十嵐の姿だった。はるかが油断したすきに一口食べられてしまった。議員としてはしっかりしているのだが、甘い物にはだらしなさ過ぎる五十嵐だった。

 その夜、夏美と夏美の母・幸江、本城が「なすがまま」で食事をすることに、幸江は本城のバツイチ、子持ち、年の差を指摘して、交際に反対するが、たまたま店に来たはるかがその場に入って、母・幸江を説得した。

 ある日、五十嵐の検査をすると、血糖値が高く、絶対に何か食べていると確信したはるかと夏美が五十嵐が病室を開けている間に病室を調べると、あらゆるところに甘い物を隠していた。病室に帰ってきた五十嵐はその光景を見てがっくり。甘い物がなくなった五十嵐は病院の食堂でシュークリームを食べようとしたが、明日、五十嵐の娘の学芸会があることを知っていたはるかは、五十嵐を大勢の前で怒鳴る。五十嵐は牛乳アレルギーも持っていた。

 しかし、大勢の前で怒られた五十嵐は院長にクレームをつけ、、はるかがナースを続けられるかどうかの瀬戸際になる。院長と事務長に呼ばれた師長の本城と、教育係の夏美ははるかの事を良いところや至らないところを伝えるが、はるかの一生懸命さ、患者への愛情を一番に伝えた。その間、はるかは通勤途中に発見した心肺停止になった男性を斎藤とともに救助していた。

 一方、五十嵐は娘の学芸会に行き、その帰りに妻が席を立った隙に、娘が食べていたクリームをもらって食べると、アナフィラキシー症状で緊急搬送された。病室で落ち着いた五十嵐は、柳楽医師から話を聞き、「立花さんにひどいことをしてしまった」とはるかに謝るのだった。

 そんなこともあり、はるかと夏美のピンチはお互いを助けることで乗り越えた。夏美は本城と結婚することを決め、はるかは「ナースになって良かった」と、こころ新たに元気いっぱいでナースに励むのだった。看護師は命と向き合って戦い続ける白衣の戦士である。

視聴率:9.6%

エンド

看護師は白衣の天使じゃなくて、白衣の戦士なのだ

 

 

スポンサーリンク

その他のドラマ