競馬にチャレンジ、枠連とワイドどっちが勝ちやすいのか検証

競馬を小さく遊ぶ方法

競馬には勝ち馬投票券(馬券)の買い方が、単勝、複勝、枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単とあります。この中で、初心者が楽しめそうなのが枠連と、ワイドだと思います。

そこで、1年か、枠連とワイドを買い続けてみました。その結果は・・・・。

スポンサーリンク

枠連、ワイドでの勝負の結果

 2019年1月~12月の1年間、枠連と、ワイドをそれぞれ3点買いで競馬をやってみたが、結局両方とも負けてしまいました。

 1月のシンザン記念で万馬券を取ったのもつかの間、その貯金も夏前には使い果たし、大苦戦!やっぱりこんなもんなんですね。回収率も枠連80%、ワイド79%と同じような結果となりました。

 でも勝率は枠連18%に対してワイド25%なので、ワイドの方が勝利を味わえる回数は多くなりました。特にワイドには3頭が3着以内に入った時の喜びは格別でした。

スポンサーリンク

2019年の勝率、回収率

勝率、回収率

枠連ワイド
レース数勝数勝率払戻し回収率収支
レース数勝数勝率払戻し回収率収支
1372418%32,84080%-8,2601373425%32,59079%-8,510
1210110%30010%-2,7001000%00%-3,000
1116213%4,34090%-46016213%1,91040%-2,890
101100%00%-3,30011327%3,15095%-150
912217%91025%-2,69012325%1,24034%-2,360
810330%3,140105%+14010220%1,00033%-2,000
77229%2,430116%+3307229%1,19057%-910
69222%2,840105%+1409333%1,47054%-1,230
510110% 1,440  48%-1,560 10110%  48016%-2,520 
413212%1,45037%-2,45013431%2,91075%-990
31716%62012%-4,48017318%4,99098%-110
211545%3,410103%+11011436%3,970120%+670
111327%11,960363%+8,66011764%10,290312%+6,990

枠連をもう少し詳しく分析

137戦24勝113敗、-8,260

表の見方:勝利=勝ち、負け=選んだ3枠の内1枠のみ2着以内、完敗=選んだ3枠いずれも3着以下、統計確率は16頭立てを前提として計算。

 勝利負け完敗
統計確率8%50%42%
私の実績数248528
私の実績%18%62%20%

ワイドをもう少し詳しく分析

137戦34勝103敗、-8,510円

表の見方:完全勝利=3着以内に3頭、勝利=3着以内に2頭、負け=3着以内に1頭。完敗=3着以内0頭、統計確率は16頭立てを前提として計算。

 完全勝利勝利負け完敗
統計確率0.2%2.3%16.1%81.4%
私の実績数3317330
私の実績%2%23%53%22%
スポンサーリンク

レースの予想と結果

スポンサーリンク

競馬の歴史についてもご紹介

以前から競馬の歴史の本を読んでいたので、競馬の歴史についてはこちらにまとめています。

コメント