グッドワイフ 終

ドラマの楽しさ教えます

 予想が付かない展開が続くドラマ。誰を信用していいのかわからない。蓮見杏子(常盤貴子)は夫の蓮見壮一郎を信じることが出来るのか。蓮見壮一郎の狙いは何か。おまけだが、脇坂博道(吉田剛太郎)は単なるお調子者なのか?

拘留中でも動く壮一郎

 東京地検特捜部長だった蓮見壮一郎の賄賂疑惑と、遠山亜紀(相武紗季)との不倫はどうだったのか。賄賂疑惑は官房副長官の南原(三遊亭円楽)の汚職事件を追いかけていた壮一郎が完全にはめられた。壮一郎は突然、容疑者となる。壮一郎の後を受けて、東京地検特捜部長になった脇坂。元々、脇坂は壮一郎の事をよく思っていない。しかし、脇坂には壮一郎を有罪とするための証拠がない。いろんな手を使って、壮一郎を有罪に持ち込もうとする。

(拘留中に杏子と面談)

 壮一郎は拘留中も、林弁護士(博多華丸)、佐々木達也(滝藤賢一)とともに蓮見を罠にハメた人物を探す。結局、杏子が脇坂の不法行為をつかみ、それと交換条件で、壮一郎は保釈されることとなった。不倫の件ははっきりしないままであった。

さらに動く、壮一郎

 保釈されてからの壮一郎はさらに動く。そして、林弁護士が裏切り者だと分かってからは、妻の杏子が壮一郎の弁護士となる。南原の汚職を追いかける壮一郎と杏子(蓮見夫妻)。その中で、遠山亜紀との不倫疑惑は睡眠薬を飲まされてのでっち上げだったことが判明した。

 これで、杏子に壮一郎を疑う理由は無くなった。ここから一気に南原を叩きに行く。しかし、もう一人の裏切り者が判明。それは、佐々木達也だった。佐々木達也は検察を擁護する南原が逮捕される訳にはいかないと、独断で南原擁護のために、壮一郎を裏切っていた。佐々木は壮一郎に真相を伝えた直後、飛び降りて自殺する。その後、南原の汚職が判明し、検察だった佐々木が関与していたことで、検察の信用も地に落ちた。

壮一郎の戦略に唖然

 容疑がはれた壮一郎は検事正として検察に復帰する。復帰してからの壮一郎は自信が理想とるる強い検察を目指す。そして、何かを探り始めた。

 表立っては多田弁護士の不正疑惑。杏子に思いを寄せる多田を、嫉妬心で葬り去としていると全員が思った。確かに、多田の弁護活動にはグレーなところがあったが、検事正が自ら動く案件ではない。しかし、壮一郎は多田を潰すためにだけ動いているように見えた。しかし、その真意は、次長検事となった御手洗と裁判官の不正を暴くことがあったのだ。誰もそれに気が付かない。壮一郎の巧妙なやり方に、それが判明した時には、杏子をはじめ全員が唖然。

(壮一郎の戦略の凄さに唖然)

壮一郎は見事な策略で脇坂と多田をおとりにして、御手洗に怪しまれず、御手洗の悪行の証拠を掴んだのだった。

蓮見夫妻の行方

 いろんなことがあった蓮見夫妻。3年前、壮一郎は一度だけ不倫をしていた。それは、杏子とともに働く円香みちる(水原希子)。円香の一方的な誘いに一度だけ乗ってしまったのは事実。この件も物語の終盤で明らかとなる。この事実は消せない。壮一郎と杏子は話し合い、離婚の道を選んだ。杏子は良い妻を演じることを辞めたのだった。でも家族は楽しそうに食事をして物語は終わる。

(杏子が離婚を告げる)

私の感想

 脇坂のお調子者ぶりが、このドラマを彩った。凄く強気だが、強くない。ドラマの途中で妻に離婚され、最後には、一時は追いつめた壮一郎の手足となって、多田の不正疑惑で神山(賀来千香子)、杏子と裁判で戦う。しかし、この戦いは壮一郎にとっては、御手洗のしっぽを掴むためのカモフラージュ。まんまと、壮一郎に踊らされた脇坂だった。

(裁判に負け困る脇坂)

 とはいえ、蓮見壮一郎の戦略に驚き。蓮見杏子の弁護士手腕にも驚き。最強夫婦だが、最後は離婚を選ぶ。丸くおさまって円満解決ではなく、離婚して家族が向き合い円満に終わるところが、素晴らしい。

 

 

コメント