グッドワイフ 始

ドラマの楽しさ教えます

【前置き】

 久しぶり、常盤貴子登場。神山多田法律事務所で16年ぶりに弁護士復帰をした蓮見杏子(常盤貴子)が主人公。杏子には、不正わいろ疑惑で身柄を拘束されている、夫の元東京地検特捜部の蓮見壮一郎(唐沢寿明)がいる。壮一郎には否認しているわいろ疑惑と、自信が認めた不倫がある。当然妻の杏子は、不倫を許すことはできないが、物事が決着するまで、離婚はしないつもり。杏子は2人の子供のためにも、生活のために弁護士に復帰する。

 法律事務所には共同経営者の神山佳恵(賀来千香子)、多田征大(小泉孝太郎)、円香みちる(水原希子)、朝飛光太郎(北村匠海)が所属する。今のところ、杏子との利害関係は不明であるが、何やらいろいろありそうな雰囲気。

 東京地検では壮一郎への自白を取るために、脇坂博道(吉田剛太郎)、佐々木達也(滝藤賢一)が躍起になってる。しかし、佐々木は壮一郎の元部下、今は表向きは脇坂の部下として働いている(壮一郎に自白を迫る)が、壮一郎のわいろ疑惑を晴らすため動いてくれそうだ。壮一郎の弁護士の林幹夫(博多華丸)も壮一郎のため、妻との間に入り、動いている。壮一郎は、佐々木と林を使って窮地を脱するのか。妻の杏子も心のどこかでは壮一郎を信じているようだ。

【第一話】

 第一話では、ゲストにネット人気キャスターの日下部(武田鉄矢)が登場。日下部がある女児誘拐事件の犯人をその母親自身の女子殺害であるとネットで報道したことから、物語は動く。その母親は報道によって自殺する。夫は日下部を名誉棄損で訴えた。杏子は多田とともに夫の恨みを晴らすために裁判(夫と日下部の互いの名誉棄損対決)で日下部を追い込む。結果、裁判は引き分け(両者棄却)となるが、裁判直後女児が発見され、日下部の報道は誤報と確定する。杏子は夫と女児のために控訴はせず、示談金で決着をした。

 裁判では人気が低迷していた日下部はメール情報だけで自殺した母親の女児殺害を報道していたことが明らかになったが、夫は裁判で勝てなかった事に私は驚いた。ジャーナリストの表現の自由は無法状態なのか?

【私の感想】

 私はこのドラマでは久しぶりの常盤貴子の演技に注目しているが、周りの人たちの豪華っぷりも注目だろう。杏子は家族を救うのか。杏子を取り巻く、神山多田法律事務所の人たちは杏子の見方か?敵か?ライバルか?。佐々木と林は壮一郎を救えるのか?。見どころも満載である。

 


コメント