メゾンドポリス 始

ドラマの楽しさ教えます

 何やら、面白そうな刑事ドラマがスタートした。舞台は退職した警察関係者が暮らすシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」。シェアハウスのオーナーは元警察幹部の伊達有嗣(近藤正臣)、ハウスの雑用係は元警視庁捜査一課・主任・警部補の夏目惣一郎(西島秀俊)、ハウスの管理人は元中野東署警務課議長代理・警部の高平敦彦(小日向文世)、ハウス住人の元柳町北署刑事課・警部補の迫田保(角野卓造)、元警視庁科学捜査研究所・第一法医課課長の藤堂雅人(野口五郎)である。そして、この5人とともに事件を解決するのは唯一の新米の現役警察官で、柳町北署巡査部長部の牧野ひより(高畑充希)である。ハウスの買い物コーディネーター瀬川草介(滝星涼)も何かと絡んでいそうだ。

 今のところ、ハウスに住む人たちの人脈は得体が知れない。特にオーナーの伊達は警察関係者に相当顔が効くようだ。第一話では5年前の殺人事件「デスダンス」事件の模倣犯が現れる。5年前に犯人を捕まえたのは、今はハウスに住む夏目。牧野が夏目を訪ねに来たことから物語は始まった。

 牧野は新米らしく、犯人の口車にのり犯人を信じして待って、犯人に捕まる。今回の事件の犯人は5年前に捕まった犯人の母親だった。母親は息子の無実を晴らすために模倣犯となったのだ。しかし、結局、5年前の犯人は息子で、今回の事件は母親が犯人ということで決着する。牧野を助け、犯人逮捕にをしたのは夏目、迫田、藤堂であった。

 第一話の終わりでは、今回の事件において、元警察官のハウスの人たちの活躍が認められ、牧野を加えた新チームが警察から正式に認められ、今後の事件を解明していく運びとなった。

 見ていて、面白さが、ずきずき伝わる。皆、何かの理由で警察をやめたのだが、正義はやめていない。そして、それぞれ、いろんな技術や特徴、人脈を持つ。この「メゾン・ド・ポリス」の今後の活躍が楽しみだ。ちなみに、演技派ぞろいなので、俳優的にも楽しみだ。

 

コメント