家売るオンナの逆襲 始

ドラマの楽しさ教えます

 家売るオンナ「三軒家万智(北川景子)」が帰ってきた。愛称サッチー。とある島の空き家をすべて売り払い、テーコー不動産新宿営業所に夫の屋代大(中村トオル)とともに帰ってきた。新宿営業所では庭野誠司(工藤阿須賀)、足立聡(千葉雄大)、など前回のメンバーに加えて、鍵村洋一(草川琢磨)らも加わり、家を売る。元部下の白洲美加(イモトアヤコ)、BAR「ちちんぷいぷい」のママの珠城こころ(臼田あさ美)も登場する。そして、今回は三軒家万智のライバルとなりそうなフリー不動産屋の留守堂謙治(松田翔太)も登場。

 「私に売れない家はない」「白洲美加!ゴーっ!」「私が売りました」など名台詞を残したドラマの復活に第一話から楽しみにしていた。驚いたことに万智は出勤日初日から家を売ってから出勤。10坪の狭小住宅を売ってきました。さすがに三軒家万智と言ったところである。そして、奥さんが離婚したがっている夫婦(妻:岡江久美子)と、低迷しているユーチューバー(加藤諒)に家を売る。

 夫婦には半分、いや半分以上適当なことを言って、夫婦円満にして家を売ってしまう。ユーチューバに家を売るときは留守堂が登場し、一旦、三軒家は家を売りそびれる。ユーチューバは世間から逃げるための家を留守堂から買ったのだ。しかし、三軒家万智はあきらめない。ユーチューバーがユーチューバーから逃げたことを逆手に取り、ボロ小屋を「サンチーの丸見えハウス」にして、ユーチューバー魂に火をつけて、家を売ってしまう。その際、なぜか、元部下の白洲美加を適当に脅して、手伝わせる。目的のためなら細かいことを全く気にしない、サッチーが帰ってきた。見ていて強引さにあっぱれ。

 今回は留守堂というライバルの出現が面白そうだ。しかも、留守堂は綺麗な男前チャラだが、少しボケているところもあって、サッチーのチャラとの混ざり様も楽しみである。それでは、「ゴーっ!!~~(顔正面から風)」である。

コメント