3年A組 始

ドラマの楽しさ教えます

 「今から皆さんは人質です」の副題が付いてます。舞台は私立魁皇高等学校。3年A組担任の柊一颯(ひいらぎ いぶき、菅田将暉)が突然、校舎を爆破し、3年A組を孤立させる。そして、29人の生徒を人質に立てこもる。はじめっから、飛ばしまくっているドラマだ。あまりの突然の展開と、爆破の凄さに驚き。立てこもった理由は、10月に自殺した生徒の影山澪奈(上白石萌歌)の自殺理由を他の生徒たちに解き明かさせるため。そして、何故そこまでして、柊が立てこもりを行ったのかは今のところ不明である。さらに、柊は自ら警察に通報し、警察を学校へ呼ぶ。

 第一話では、午前8時45分に柊が校舎を爆破し、午後8時までに澪奈の自殺の理由を委員長であり、澪奈の親友だった茅野さくら(永野芽郁)にクラスの考えをまとめるように命じる。さくらは、この自殺の原因は有望な水泳選手だった澪奈のドーピング疑惑により、澪奈がクラス全員からの無視され、さくら自信がその無視に同調した、「自分のせいで澪奈が死んだ」と柊に伝えた。柊はその答えを間違ていると判断し、さらに、生徒たちに澪奈の自殺理由を考えるように指示する。

 終盤では警察の特殊部隊が校舎に侵入したことが柊にバレ、柊は生徒一人を殺してしまう。脅しではなかったのだ。私も見ていて、柊が生徒一人にナイフを突き刺したときには驚いた。久しぶりに見ごたえのあるドラマに見入ってしまった。これで人質は28人となった。

 柊は美術の先生で、澪奈の自殺の後、3年A組の担任になっている。柊がここまでするには何か理由があるはず、その理由が今後明らかになっていくのだろう。出演者は市村校長役にベンガル、武智先生役に田辺誠一、刑事役に大友康平、椎名桔平が出演。生徒役にも川栄李奈、他多数の若手が出演。なかなかのメンバーだ。このドラマが当たれば、若手の今後の躍進も期待できる。

 第一話を見た感じでは、楽しみなドラマである。菅田将暉の演技と今後の展開に期待である。

コメント