RG Zガンダム

ガンプラに挑戦
DSC_0138

スポンサーリンク

登場作品

作品:機動戦士 ガンダムZ
名称:MSZ-006 Zガンダム
  (ゼータガンダム)

スポンサーリンク

機体説明

 反地球連邦のエゥーゴが推進する「Zプロジェクト」によって開発された可変モビルスーツである。初代ガンダム(RX-78-2)はコアブロックシステムを採用していたが、Zガンダムは可変型となった。TVシリーズでは、初代ガンダムのあと、ガンダムマークⅡが登場するが、この間もガンダムは改良を重ね多くの試作機が存在する。Zガンダムはこれまでのガンダムとは全く異なる。

 Zガンダムは新素材のガンダリウムγ、高出力の超小型融合炉、フライングアーマー、ムーバルフレームの技術によって開発された。変形することで機体特性を変更するTMS(Transformable Mobile Suit=可変MS)は、宇宙空間から標準装備のまま大気圏に突入し、降下中も戦闘能力を保ち、重力下では即座に作戦行動に移行できる画期的な機体である。アニメでも大気圏でパイロットのカミーユ=ビダンが圧倒的優位をもって戦闘し、大気圏で抵抗できない敵機(ティターンズのMS)に情けをかけ、攻撃をやめるシーンもあったほどだ。

 ウェブライダー(飛行形態)にも変形できるが、今回はモビルスーツ形態で紹介しよう。この機体の武装は頭部バルカン、胸部のグレーネードランチャー、ビームサーベル、ビーライフルだ。さすがにRGシリーズ、製作時間はかかるが、出来がいい。今回は組立て8時間、シール貼り4時間コース。

スポンサーリンク

完成

(正面)

(構え&回転)

 拡大して、フラッシュ撮影、沢山のデカール(シール)が色どりを加えている。

(拡大)

 後ろ姿も撮影。後ろからだと、亀の甲羅を背負っているようにも見える。

スポンサーリンク

機動戦士Zガンダムは実力派ぞろい

 機動戦士ガンダムZは、ガンダムシリーズの中でも人気が高い。私も好きである。このシリーズでは地球連邦政府(ティターンズ)はガンダムの敵となる。そして、登場人物も豊富で、クワトロ(シャア)、アムロ、カミーユ、ハマーン、シロッコ、などなど、沢山の実力者が登場する。ジェリドなんて、元々カミーユの宿敵だが、途中から大したことなくなってしまう。最後は、エゥーゴ、ティターンズ、アクシズの三つ巴が、見ごたえあり。ガンダム史にゼータありである。

スポンサーリンク

他のもあります

[blogcard url=”https://wonderfulllife.site/20190106/gunplacollection/”

コメント