第63回 有馬記念GⅠ

競馬を小さく遊ぶ方法

 ワクワク競馬作戦はその名の通り、枠枠(わくわく)なので、枠連を買います。そして、購入点数は3点。掛け金は1点100円とします。なので、この作戦は枠連3点計300円買いで、勝負します。基本的には重賞レース(GⅠ、GⅡ、GⅢ)を対象とします。

【1.今回の参加レース】

開催日2018年12月23日(日)
場所中山競馬場 第11レース
レース名第63回 有馬記念(GⅠ)
条件芝2500m、サラ系、3歳以上、オープン

【2.レース予想】

 1番人気は6枠12番レイデオロ(騎手:ルメール)が2倍代、2番人気は拮抗しており、1枠1番オウジュウチョウサンと7枠14番キセキが争っている。

 レイデオロは17年度のダービー馬で、前回は天皇賞秋を勝っており、実力は認めるところ。オウジュウチョウサンは7歳で、障害で多くの実績を残しているが。芝に転向して、良い成績を残している異色の経歴の持ち馬だ。キセキは天皇賞秋3着、ジャパンカップ2着と好調。

 私の予想は、1番人気のレイデオロ(騎手:ルメール)は外せない。オウジュウチョウサンは異色の経歴により人気が上がっただけと思うので外す。期待したいのは4枠8番ブラストワンピースである。唯一の3歳馬で、これまで人気に押しつぶされていたブラストワンピースの意地を見せてほしい。そして、8枠15番シュヴァルグランを買う。最近のレースは勝ちきれないが、今回はボウマンが乗るので期待できる。そして、この馬の父親は世界で唯一ディープインパクト(凱旋門賞は失格のため負けていないとした)に勝ったハーツクライである。そして、馬主は元メジャーリーガーの大魔神佐々木。何かを持っているはずだ。

 なので、今回の私の買い目は6枠12番レイデオロ、4枠8番ブラストワンピース、8枠15番シュヴァルグラン、とするので、枠ボックスで「4、6、8」とした。こういう混戦レースは完全敗北の可能性もあるが、当たれば、まずまずの配当となるので、楽しみだ。

【3.レース結果】

1着:4枠8番ブラストワンピース
(池添謙一、3番人気)

2着:6枠12番レイデオロ
3着:8枠15番シュヴァルグラン

枠連配当:4-6、970円

 私が推した3頭の1,2,3フィニッシュ。完勝とはこういうことだ。でも、わくわく作戦なので、枠のみ。レース展開はキセキが逃げ切るのかとも思われたが、最後の直線、ブラストワンピース、レイデオロ、シュヴァルグランが追い込んできて、キセキを追い抜き、差し切った。二刀流を目論んだオジュウチョウサンは前半先頭に立ったが、結果9着となった。なかなか、競馬の二刀流は難しいがいつか、現れることを楽しみにしている。有馬を取ったのは非常にうれしい。

【4.これまでの成績】

4戦1勝3敗、‐230円

コメント