HG デルタガンダム 変形

ガンプラに挑戦
DSC_0082

作品:機動戦士 ガンダムUC
名称:MSN-001 デルタガンダム

 以前にHGデルタガンダムを作成した。デルタガンダムの詳しい紹介は、そちらの記事を見てください。今回はこのデルタガンダムのウェブライダー形態(飛行形態)の変形を紹介しよう。HGシリーズでも変形タイプはあるが、どうしても、構造的な限界があり、部品を外し、変形用の部品をつけ、変形を再現することになる。その辺はどうしてもRGシリーズより劣るが、簡単に作れ、変形を再現できることがHGシリーズの醍醐味でもある。

 詳しくは、説明書にも載っていますが、写真で見ていこう。まず、変形前の写真である。

 せっかく完成し、見ごたえ十分の作品ですが、ここは思い切って両腕、両足、背中等をばらします。基本的にはスムーズに部品の取り外しができますが、部品を壊さないように丁寧に作業してください。

 そして、別部品の飛行形態のボディ部分に小部品を取り付け、両腕も変形させ取り付けます。ズングリむっくりのボディーが完成します。

 次に、両足を変形させ、フレキシブルバインダー(背中の羽根)も取り付けます。飛行形態が見えてきます。

 最後に、飛行形態の先端となる、シールドとビームライフルを取り付けると完成です。輝く飛行形態は見ごたえ十分です。

 

 飛行形態なので、飛んでいる感じを出すため、別売のガンダムベースなどを活用すると、より、リアルに見えます。取り外した部品も一緒に写真を撮ると下の写真のようになります。

 取り外した部品は人型形態に戻すときに必要なので失くさず、保管しておいてください。

 

コメント