RG ガンダム コアファイター

ガンプラに挑戦
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

作品:機動戦士 ガンダム
名称:RX-78-2 ガンダム

 以前にRGガンダムを作成した。今回はこのRGガンダムのはレベルな作りを紹介しよう。私もびっくりしたのだが、なんと、コアファイターの脱着が可能なのである。1/144スケールでこれを実現するのだからRGシリーズの作成者(バンダイ)の意気込みが感じられる。ある意味、物作り日本のレベルの高さを感じた。

 RX-78-2ガンダムはそもそもコアブロックシステムというのを採用している。実は、アニメでは上半身と下半身の合体と分離が何度も繰り返される。アムロも何度も練習をしている。ガンダムシリーズには、分離型、可変型などがあり、当然、分離も可変もしないガンダムもある。初代ガンダムはコアブロックシステムの分離型である。

【コアファイター】

【折り畳んだコアファイター】

 ガンダムの上半身と下半身を分離して、元々、組立て時に挿入されていたダミーコアファイターを取り出す。結構溝がかみ合っているので、取り出すのに、微妙に前後左右に揺さぶりながら緩めていった。そして、下半身に折りたたんだコアファイターを装着。

【外したダミーコアファイター、上半身、コアファイターを挿入した下半身】

【作業の際外した上半身部品】

 

【上半身がないガンダム】

そして、上半身を装着すると出来上がり。完成してしまえば、元と同じであるが、これをやってみると、RGガンダムの凄さが分かる。中にあるコアファイターは見えにくい。それ程までの完成度であるということである。

【出来上がり】

【中にあるコアファイター】

RGシリーズを作る際は、RX-78-2ガンダムから作ることをお勧めします。

コメント