MGサザビー(Ver.Ka)

ガンプラに挑戦

登場作品:機動戦士ガンダム逆襲のシャア
正式名称:MSN-04 サザビー

 UC0093年、初代ガンダム(RX-78-2)が登場した1年戦争から14年後、新生ネオ・ジオンの総帥シャア・アズナブルが乗るサザビーはアムロ・レイが乗るνガンダム(ニューガンダム)と激闘を繰り広げた。たった14年でモビルスーツは大きく進化している。サザビーはサイコフレームが採用され、高性能な機体としてジオン軍の最高傑作の機体として開発された。
 サイコフレームを搭載したサザビーとνガンダムの戦いで、サイコフィールドが発生している。サイコフレームは人の意思に反応するので、アクシズ落下を食い止める人たちの強い意思が共鳴しサイコフィールドが発生したと考えられる。

 サザビーの主な武装はビームショットライフル、ビームトマフォーク/ビームサーベル2基、ミサイル3基、ファンネル6基、メガ粒子砲である。もの凄い武装である。尚且つ、シャアが乗るのだから機体色は赤が特徴である。サイコフレームの採用により、機体内部に余裕が出来、多くのスラスターが機体に組み込まれ、推進力も高い。機体フォルムも含めて、間違いなくジオンの最高傑作である。
 この機体をマスターグレードで購入した。結構、勇気が行ったが、νガンダムを作ってサザビーを作らないわけにはいかないと、思い切って購入に踏み切った。
 いきなり斜め撮り写真。オーと歓声が上がるほどの迫力。背中のファンネルがいつ飛んでくるかわからない。

 全身写真では堂々とした感じが伝わってくる。やはりシャアが乗る機体にピッタリだ。ちなみに、こちらもνガンダムと同じく、カトキハジメモデルである。

 自慢のシールドを持たしてみた。堂々としたシールドが迫力あり。

 よく考えると、25年前のアニメのプラモデルが今だに人気があることがすごい。特に逆襲のシャアはガンダムシリーズで最も人気がある劇場版である。カミーユが復活していたら、もっと面白い作品になっていたかもな。最後、シャアが死んだのかはっきりしていない。状況的には死んでいるはずだ。でも、ガンダムZの最後に、シャアは死んでいたはずなのだが、生きていた。今でもシャアには生きていてほしいと願っている。ユニコーンガンダムで、フルフロンタルがシャアでないなら、シャア&フルフロンタルのコンビが見てみたい。機体の色をどうするのかは楽しみだ。

コメント