HG ガンキャノン

ガンプラに挑戦

作品:機動戦士 ガンダム
名称:RX-77-2 ガンキャノン

 以前にSDガンキャノンを作成した。今回はHGに挑戦。今のところSDとHGを作成したのはガンキャノンだけだ。それ程、私が好きな機体でもある。説明はSDガンキャノンと重複するところもあるが、もう一度、ガンキャノンを紹介しよう。


 地球連邦軍の「V作戦」で開発した試作MSである。ガンタンク、ガンダムと同じ「RXシリーズ」の一機種で中距離からの支援砲撃を主な運用法としていた。ガンキャノンは起動性よりも耐弾性が重視されており、リックドムのジャイアントバズーカの直撃にも耐えた。コックピットはガンダム、ガンタンクと同じくコアブロックシステムが採用され、胴体部の装甲の軟弱さが懸念されるが、積層装甲にてその懸念は解消された。
 武装は両肩の240mm低反動キャノン砲(ガンタンクは120mmキャノン砲)、ビームライフル(ガンダムの物より照準精度が高い)、頭部には60mmバルカン砲を装備している。パイロットはアニメでは嫌われ役的なカイ・シデンである。カイは表面からは分からない人間臭さがあって、一生懸命仲間を想い、戦い続ける少年でもあった。この機体を元の基調をベースにエアブラシ塗装してみた。

 両肩、両手を落ち着いたメタリックブルー、頭部、キャノン砲はシルバー、関節部はゴールドで塗装し、他はメタリックレッドで塗装した。元のイメージから、少し変わったが、少し大人感が出た。
左側面からも撮影、ランドセルもメタリックブルーにした。キャノン砲がシルバーで落ち着いている。

 正面やや下からの撮影。青を少し使っただけで、こんなにイメージが変わるとは。配色は大切だと感じた。変ではないが、ガンキャノンらしさは減ったかな。少し違和感があるが、オリジナル感は出た。

 よく考えると今のガンダム人気を作った機体の一つであることは間違いない。「ガンダムの歴史にガンキャノンあり」ですね。

コメント