45歳の地図

ワンダフルライフ

 25年前、よく聞いた爆風スランプの曲の1つに「45歳の地図」があり、当時カラオケでもよく歌った。

 「私の青春を返せ 

 輝くときめきを戻せ 

 捧げつ尽くした月日をさあよこせ 

 朝日のように現れて

 夕日のように消えてゆく

 青春よ それじゃ あんまりだぜ

 気が付きゃ45歳 仕事漬けの中年よ」

と続く。

 私も1年前に45歳が始まり、最近、45歳が終わった。こんな激動の45歳になるとは当時の私は想像していなかった。

 45歳の誕生日に岡山マラソンを走り不本意な結果、2日後に全力投入していた仕事で、責任ある役職から左遷されるという激動のスタートとなった。他にもいろいろあり、落ちるとこまで落ちた。仕事も私生活も迷走を続けた45歳。

 それでも、私はあきらめない、会社に負けてなるものかと、慣れない片道1時間40分の通勤に耐え、仕事人間脱却に向け、私生活も変えるために、多くのチャレンジをした。

 オンラインゲームで仲間を作り、メール友達もできた。SNSデビューの年でもある。初めてスマホを持ち、初めてネットショッピングもしてみた。少し前からやり始めた大人から習うピアノもやり続けた。人生、躓いても、起きればいい。と、45歳前半は、人生再出発である。

 初のマラソン遠征を実現しようとあちこちのマラソン大会に応募し、抽選で通ったのは金沢マラソン、福岡マラソンだった。

サンプラザ中野もよくぞ45歳を選んだものだ。私にピッタリだ。爆風スランプとリズムがあう。マラソン沿道の応援も名曲「runner」は定番だ。

 8月に20年以上ぶりに、金閣寺を見に行った。金閣寺の美しさに、ふと、何かをせねば、と考えた。

 ちょうど、剛力彩芽のブログが炎上との事で、そうだ、ブログをしよう。とブログ開始。これまでと、これからの自分の軌跡を残そうと書き始めた。書いて書いて書いた。

 ブログを書きながら過去にはまった趣味を掘り起こす。やや回復傾向になってきたし45歳後半。45歳を締めくくったのは、やはりマラソン、金沢マラソンと45歳最後の日の福岡マラソン。両レースとも大いに楽しめた。さて、46歳、我が人生、何度目かの青春が始る。

コメント