福岡マラソン2018~レース編~

マラソンの感動を教えます

 朝、5時に目が覚めた。というか、1時間おきぐらいに目が覚めていた。でも、疲れはなく、右足以外はいいコンディションである。今日の一番のポイントは3日前の最終調整で痛めた右足ふくらはぎの痛みである。歩くと違和感がある程度だが、あれから走っていない。ずっと温存している。朝起きた段階でも、万全でない事は分かっていたが、出場するしかない。
 8時20分のスタートに向け、朝食を食べ、着替えて、7時前に宿を出た。ちょうど、同じ宿に泊まっていた、北九州市から来た女性と一緒になった。彼女はハーフは走った事があるようだが、フルマラソンは今回が初めて。私はタイムは自慢できないが、今大会が10回目のフルマラソンである。会場まで歩きながら、いつくかアドバイスをして、会場で別れた。歩きながらも右ふくらはぎが気になる。
 そして、着替えをして、荷物を預け、スタートラインに並ぶ。私はFブロック、真ん中やや後ろからのスタートである。スタート時間が迫る中、メール友達からも応援のメールを頂いた。別のメール友達は赤穂シティマラソンで初ハーフマラソンを走り、会社の先輩は岡山マラソンで初フルマラソンを走るという、私の知り合いも大いに頑張る日であった。
 スタート時間が近づくにつれ、各ブロックの隙間を詰めていく、右足を信じて走るだけである。そして、8時20分、スタートの号砲が鳴った。気温は13℃で、天気良好、暑くなりそうだ。私がスタート地点に到着したのは5分後だった。ウルトラマンも応援してくれた。選挙が近いのだろう、「あなたの一票がウルトラ大事」と、私が気に入った垂れ幕だった。
 
 私の作戦は少し、歩幅を狭くして、右足への負担を最小限にし、まずは10キロまで様子を見ることだった。そして、最悪の事態を考えて、食べ物は全部食べ、少しでも、棄権したときに楽しめたと思えるように走ることだった。スタート前から、弱気であることが自分でもわかった。
 スタートして初めの1キロは7分20秒だった。過去、最も遅いスタートとなった。何とか1キロクリアした。不安たっぷり。残り、41.195キロと思いながら右足の様子をみながら走る。
(参加賞のTシャツ 前後)
 
 周りの人より、ペースが遅く、どんどん抜かれていく。焦る気持ちを抑えて走り続けた。たまに、ピキッと痛みが走ることはあったが、何とか10キロまで到達した。1時間5分50秒と平均キロ6分35秒である。7分ペースを覚悟していたが、思ったよりペース上がった。3日前の練習では10キロ過ぎで、故障したので、結構ドキドキしながら10キロを越えた。
 10キロ過ぎから海岸沿いを走る。そして、12キロ付近で、海岸から船に乗っての応援があった。海も綺麗で、ここはひとまず、写真に収めようと写真撮影。足の影響もあり、スピードが出せないので、スタミナ的には全くの余裕である。
  
 そして、再び走り続ける。15.8キロ地点で初エイド。バナナ、博多通りもん(饅頭)を食べた。今日はフルコースチャレンジである。さらに18.4キロ地点では人形焼きを食べた。そうこうしている内に、なんとハーフまで来た。時間は2時間20分51秒と前回の金沢マラソンより、12分15秒遅れである。しかし、スタミナは十分で、30キロまで足の様を見ることにした。この段階で、完走の可能性は見え、少しずつ欲が出てくる。しかし、油断は禁物である。
 走りながら、右足の状態が回復?している感じがした。ここからスピードを上げても大丈夫なのではないか。すると、好タイムでゴールできるのではないか。など考え出す。30キロ地点の状態で残りのペースは考えようと、今のペース維持の作戦とした。エイドでトマトを食べ、ゼリーも食べた。さらに焦る気持ちを抑えるために、牛の写真も撮ってみた。こんなマラソンは初めてである。

 25キロ地点では豆乳うどん、バナナ、公式エイド以外でも黒蜜寒天、梨など、あらゆるものを食べた。29キロ地点ではチロリアン(お菓子)、鈴乃〇餅、ピザ、ゼリーとさらに食べた。完全に満腹状態である。それでも、30キロ地点を3時間19分20秒で通過、20-30キロ間は平均キロ6分30秒とペース維持に成功。いい感じのマラソンスタイルを見出しつつある。
 30キロを過ぎてから、また考え始める。さて、これからどう攻めるか。ここまで来たのだから、突発故障を避けるのが、最優先。次に4時間40分以内にゴールする。など、頭の中は忙しくなってきた。31キロ地点では給水でコーラを飲み、気分爽快。33キロ地点ではマシュマロを食べ、34キロ地点ではエアーサロンパスで、右足をケア。なんというマラソンだろうと驚き。さらに、きれいな景色を見つけたので、写真撮影。二見ヶ浦というらしい。実に綺麗な景色。みんなが一生懸命走っている中で、写真を撮るのは気が引けたが、撮りたくなる景色だった。

 そして、36キロ地点では博多ピエスドール(チーズ入り饅頭)、バナナを食べた。ここまで来ると、マラソン10回目にして、新しいマラソンスタイルを発掘できていることに大満足。40キロ地点は4時間24分55秒で通過。30‐40キロ間は平均キロ6分33秒となり、ペース維持に成功。残り2.195kmはやや苦しくなったが、なんとキロ6分9秒と本日最速のペースとなった。そして、4時間38分25秒でゴール。最後はスタミナも尽きたが、これまでで、最もマラソンを満喫できたレースであった。
(フィニッシャーズタオル)

 今回のレースは右足の故障に不安があったが、結果、これが良い結果へとつながった。タイムは自己ベストではないが、新たなマラソンの楽しみ方を見つけることが出来た。あきらめず、挑戦した見返りだろう。

(完走メダル)

 この大会は景色が非常に良かった。沿道の応援では、懐かしい曲がたくさん聞けた定番の「runnner」をはじめ、「旅人よ」「岡村孝子の歌」「フォルテッシモ」「鉄腕アトム」など。学生のダンスも数か所で行われていた。コースには九州大学もあり、老若男女の応援はありがたかった。エイドもお腹いっぱい。いい大会だった。間違いなく私のマラソン史に残るレースで会った。


コメント