スモー(ゴールド)

ガンプラに挑戦

登場作品:ターンエーガンダム
正式名称:スモー(ゴールドタイプ)

 ターンエーガンダムは特殊な背景を持つガンダムシリーズである。過去の戦争を封印した人々の話である。そして、その昔、人は月に住む月面国家「ムーンレイス」と地球に住む人に別れ、異なる文化をたどる。しかし、ムーンレイスが地上に降りてくることから、物語は展開していく。

 この機体はムーンレイスの女王ディアナ・ソレル親衛隊長のハリー・オード大佐がパイロットである。スモーにはシルバーもあるが、このゴールドタイプはハリー大佐専用機である。シャアの百式をまねた設定にも感じるが、いい機体である。武器はハンドビームガン、軍配型ヒートホークである。軍配型が滑稽だが、特徴的でナイスなデザインである。同時代に開発されたモビルスーツであれば、IFジェネレータによるIFR効果によって、敵のホーミング兵器や各種の火器、さらには機体そのものを無力化することが出来る。
 コックピットがへその辺りにむき出しなのも特徴だ。実はこのプラモデルは400円で購入した。材質は少し柔らかいプラスチックで、いつものとは感触も違った。部品も少なく組み立ては簡単だった。そこで、少し高級感を出そうと思って、元の色を基調にして、塗装してみた。すると、400円とは思えない仕上がりになったではないか。

 実は顔はシールである。胸の茶色いラインもシールである。塗装したのはゴールドとシルバーのとこだけ。元の特徴もできるだけ残すことも、ガンプラとして必要である。

 後からも撮影してみた。ランドセルも小さいので、すっきりしている。少し、ずっしり感もあって、機体の特徴もうまく表現できている。

 スモーとターンエーガンダムの関連性が少し感じられるのが、コックピットと駆動方式のIフィールドビームドライブである。これにより、スモーは運動性と高いレスポンスを持つ高性能機体である。そして、この作品は、私が作成したプラモデルで最もコストパフォーマンスが高い作品である。

コメント