ダービーとオークス -9話-

競走馬の足跡~世界の競馬~
競走馬の足跡

 オークスは1779年にイギリスの第12代ダービー伯爵エドワード・スミス・スタンリーが自身と友人が所有する牝馬同士のレースを行ったのがレースの始まりである。領地の名にちなんでオークスと名付けられた。そして翌年の1780年に牡馬によるダービーが開催された。現在、イギリスのダービーとオークスは6月にエプソム競馬場にて開催される。

 日本ではダービーは1932年から目黒競馬場で開催され、オークス(優駿牝馬)は鳴尾浜競馬場(阪神競馬場)にて1938年から開催され、(1865年からオークスとも呼ばれる)、現在は両レースとも5月に東京競馬場で開催される。特に、ダービーについては、世界においても、日本においてもホースマンにとって特別なレースである。

 日本の第1回ダービー馬はワカタカである。ちなみに、ワカタカはサラブレッドではなくサラブレッド系(サラ系)であった。サラ系とは純粋なサラブレッドではなく、アラブ血統が25%未満含まれる馬である。

 そして、牡馬においては、皐月賞、ダービー、菊花賞を制する3冠、牝馬においては桜花賞、オークス、秋華賞を制する3冠が3冠馬としての称号が与えられる。

  過去に3冠馬とを制した牡馬が、
   セントライト(1941年)
   シンザン(1964年)
   ミスターシービー(1983年)
   シンボリルドルフ(1984年)
   ナリタブライアン(1994年)
   ディープインパクト(2005年)
   オルフェーブル(2011年)
  の7頭である。
  牝馬3冠馬は
   メジロラモーヌ(1986年、当時秋華賞はなく、エリザベス女王杯を制する)
   スティルインラブ(2003年)
   アパパネ(2010年)
   ジェンティルドンナ(2012年)
  の4頭である。
この中でも、私の記憶に残っている馬は、1994年のナリタブライアン以降である。

コメント