HGUC マラサイ(Extra Finish Version)

ガンプラに挑戦

登場作品:機動戦士 Zガンダム
正式名称:RMS-108 マラサイ

 アナハイム社が開発したハイザックの発展機である。ハイザックはジェネレーター出力が弱いので、ビーム系を1基しか使えなった。マラサイは大出力のジェネレーターを装備することで改善された。しかし、マラサイは時代にあまり必要とされなかった。マラサイが開発されたとき、エゥーゴでは超高性能な決戦機を求めていたので、最新鋭の量産機は評価が低かった。そして、結局、政治的要素もあり、ティターンズに提供されることなった。と、不運なモビルスーツであった。しかし、マラサイはハイザックの量産のノウハウが活用され、汎用性に優れ、操縦しやすく、優秀な機体であったことはまちがいない。
 武器はビームライフル、ビームサーベル、と防御装備は大きな2枚のシールドである。シンプルだが、量産機としてはこれで十分だ。

 このガンプラはもともとメッキ加工されており、組み立てるだけで、きれいに仕上がる。機体のシルエットもバランス良く、ザクの雰囲気もある。でも、アニメでの活躍は少なく、陰に隠れる存在だった。Zガンダムでは多くのモビールスーツが登場したので、ライバルが多かったのも不運だ。

 顔のアップも撮影した。なんとなくだが、スターウォーズのダースベーダーに似ている。角を外し、黒く塗ったらうり二つかも。左肩の角は堂々として、強そう。ザク(旧ザク)得意のショルダーアタックもするのかな。されたら痛いだろうな。


 後からも撮影した。2枚のシールドが特徴的だ。後ろ姿もどっしりしてかっこいい。この機体は後ろ姿のイメージがあるな。主人公を正面から撮ると、その相手は背中が撮られるということなのか。やっぱりマラサイはエキストラ役なのか。

 高機能な機体なのに、もったいない。やっぱり、ヘルメットに問題があるのかな。黒田官兵衛の兜にも見えてきたぞ、頑張れマラサイ。

コメント