第30回 麒麟獅子マラソン

マラソンの感動を教えます

 私のマラソンシーズンは秋に始まり春に終わるとしている。夏は休憩である。そして、今シーズン最後のマラソンとして選んだのが麒麟獅子マラソンだった。前回の篠山マラソンから2ヶ月半ぶりのレースである。日本海沿いを走るコースだ。漁師町で田舎であるこの地域がなぜかマラソンに力を入れ、今回は30回大会だった。開会式では30回連続出場している人が表彰されていた。30回連続は凄い記録だ。少なくとも30年マラソンを続けている。現在のマラソンブームを作った多くのランナーの中の一人である。敬意を表したい。
 コースは高低差は一般的で走りやすい。驚きは一部国道を渡る際に、待ちが発生する場合がある。地方レースとして、こういうのもあるのかと驚いた。他は海沿い、川沿い、山間と景色の変化が楽しめるコースである。会場は小学校で、結構盛り上がりっていた。スタート時刻が近づき、スタートラインに並んだ。

 今回も後方スタートを選んだ。スタートの号砲が鳴った。天気は良好、コースも悪くない。気温が高め20℃ぐらいだった。海沿いを気持ちよく走りはじめた。今回の目標タイムも2時間を切ることだった。スタート後順調にペースを刻んだ。海や山、田んぼなど田舎風景がいい感じだ。しかし、太陽がサンサンと照り付けだした。近くを走っていた人から声もかけられた。「暑いですね。このレースはいつもそうなんです」と思うことはみんな同じのようだ。
 国道の横断近くに来た。係の人が選手を止めたり、進めたり指示を出している。タイミングが合えば、ノンストップで国道を渡れるが、運悪く止められてしまった。他の選手も待つことになった。20秒ぐらいで通してもらえて、山へ向かう。山間の幅4m程度の小さな道を走る。折り返してくるランナーともすれ違い始めた。トップを走る選手はさすがに早い。すごいなーと思いつつ自分のレベルをわきまえて走る。折り返してくる選手がどんどん増える。折り返しはどこだろうと思いながら進んでいくと上り坂が始めった。体力が消耗し始める。ようやく、折り返し地点まで来た。折り返した後は、往路の人とすれ違う。後ろの方の人は苦しそうに走っていた。歩いている人もいた。暑さが選手の体力を消耗させていた。
【参加賞のTシャツ】

 そして、国道の横断地点まで来た。すでに私の体力も限りが見えてきていた。復路の横断は、止められずに渡ることが出来た。残り5キロ、ここから、田んぼを抜けて、川沿いを走り、海に出る。苦しい中で走り続けるいつもの私のパターンだ。いまだ、ハーフマラソンのペースがつかめていない。自分の体力を有効に使い切るペースを模索している。レースのたびに思うのだが、今回も違うなと考えながら走る。マラソンはそれまでの練習量と当日の走るペースが重要である。完全我流派の私にはそれがなかなかつかめない状況だった。今回もまた、苦しいレース展開となった。私の理想は楽しむマラソン。タイム設定もそれほど高く設定していないはずだが、なかなかクリアできない。
 海に出た時には、ゴールはまだかと、後ろ向きな気持ちが大きくなっていた。ようやく小学校に戻り、ゴール。時間は2時間3分と、今回も2時間を切れなかった。
【参加賞の袋】

 ハーフマラソン5レース連続で2時間が切れない。でも、できるはずと、決心して次につなげる。
 この大会は、参加賞に海産物ももらえる。私はカレイを頂いた。おいしくい食べさせてもらいました。コースはいいコースなので機会があれば、再度挑戦したい。

コメント