HG ザクⅠ(旧ザク)

ガンプラに挑戦

登場作品:機動戦士 ガンダム
正式名称:MS‐05B‐ZAKUⅠ(別名:旧ザク)
 何といっても、この機体が成果を残したので、その後数多くのモビルスーツが作られることとなった。ジオニック社によって開発された。ジオニック社は人型の利点を理解して開発した。旧ザクの原型は宇宙世紀(UC)73年に作られ、改良を経て、74年に、この形となった。武器はザクマシンガン、ザクバズーカ、シュツルムファウスト、ヒートホーク、そして、防御も兼ねるスパイクシールドである。多彩な武器はこの機体の汎用性の表れである。

 機動戦士ガンダムの1年戦争においても、ザクⅠは旧型のモビルスーツである。ジオン公国はこの機体が完成したので、圧倒的に物量的不利の状況で、戦争を仕掛けてきたともいえる。モビルスーツにはそれだけの戦術的価値がある。その旧ザクをメタリックグリーンで筆塗り塗装してみた。よく見ると、筆ムラがわかるが気にしない。ガンプラはイメージが大切だ。武器はザクバズーカを選んだ。スパイクシールドは欠かせない。

 少し、アップにしてみた。ザクと違いあご周りのホースはない。右肩には丁寧に、バズーカラックもあり、実用的だ。多分、バズーカの砲身を安定させて、照準を合わせやすくしたのだろう。スパイクシールドは他の機体に継承したいな。実弾やビーム兵器だけでなく力任せの戦いには有効な武器になる。打ち合いだけが戦いではないはずだ。

 後ろ姿も撮影した。バックパック(別名:ランドセル)も小さくシンプルである。モビルスーツの原点は旧ザクにありだ。

 せっかく、色も変えたのでパイロットを指定してみよう。ジオンにこだわる必要もないが、不運な人生だった本物のシャア・アズナブルに乗ってほしいかな。この機体で、シャア(キャスバル)とコンビを組んでほしいな。

コメント