SD ガンキャノン

ガンプラに挑戦

登場作品:機動戦士 ガンダム
正式名称:RX-77-2 ガンキャノン

 RX計画により、中距離支援用モビルスーツとして開発された。装甲はガンダムを上回る丈夫なつくりである。武器は特徴的な両肩の連射可能な240mmキャノン砲、ガンダムより射撃精度が高いビームライフル、頭部の60mmバルカン砲である。機動性はあまりなく、接近戦には向かない。だが、実戦での結果はまずまずだったので、量産もされた。

 パイロットはカイ・シデン。ア・バオア・クー(劇場版)ではハヤト・コバヤシも乗った。人気はガンダムに勝てないが、なぜか、そこそこ人気がある機体だ。特徴的なフォルムやアニメでの支援する姿が好感度を上げたのかもしれない。
 実はガンキャノンは連邦の赤いモビルスーツなのだ、あまり言われないがシャアとかぶっている。シャアが連邦にいたら、ガンキャノンに乗っていたのか?いや、ガンダムを赤くしていたかもしれない。
SDなので少しコミカル。それでも、ガンキャノンである。ガンキャノンの開発があったからこそ、ガンダムが出来たのだ。アムロはガンキャノンに感謝してほしい。


 横からの撮影。SDなので、キャノン砲が短い。でもボディの割にはデカいので、特徴を上手くとらえている。

 キャノン砲を打った後にプシューと蒸気のようなものが出るバックパック。初期に開発されたモビルスーツは、シンプルだが味がある。いろんな武器を持つのもありだが、ガンキャノンのようにシンプルで頑丈なものも、いてほしい。

 ガンキャンなら私も乗れそうだ。この親近感もガンキャノンの人気の一つかもしれない。カイ・シデンがガンキャノン人気を作ったのだ。卑屈になるなカイ・シデン。1年戦争の名脇役だ。助演パイロット賞をあげよう。

コメント