美作市F1ロードマラソン

マラソンの感動を教えます

 約2ヶ月ぶりのマラソンは、以前から走ってみたかったF1ロードマラソン。その名の通り、F1レースを走る。車では走れないので、自分の足で走る。
 前日からの雪で、大会ができるかどうか心配だった。当日の朝、雪は降っていなかったが、道路にはうっすら雪があった。いつものように、あまり調べずに行ったのだった。すると、このレース場えらく山の中にあるではないか、レース場に行くまで、車で坂道を上ったり、下ったり、そして路面は雪で白い。私以外の車も何台かレース場に向かっている感じ。道を間違ったと思うほど、なかなか、レース場が現れない。すると、ようやくレース場が現れた。周りは山だらけの山の上にあった。でも、案内でレース場に入ると、雰囲気がでていて、これがF1サーキット場かと感激した。雪はたまに降る状態だった。雪の上を走るのは滑るので、危険である。レース開始時間を少し遅らせて、大会を実行する事になった。大会ゲストには湯郷の女子サッカー選手が数人来ていた。とりあえず気温は低い。防寒を最小限にしてスタートラインについた。F1サーキットコースに並んだのだ。これまた感激。

 F1コースのスタートラインである。さすがに、道は最高。舗装も綺麗。言うことなし。そして、スタートの号砲が鳴った。F1のスタートラインを越え、レースが始まった。

 まず、1周3.3キロを1.5周する。走ってみると、結構上り下りがあり大変。カーブもあるが車ほどスピードはないので、気にならない。でも、最小距離を目指してインコースを走る。道幅も問題なし、参加人数にしては結構余裕あり。コースを走りながらスタンドをみて、広告ブリッジを潜り抜け、気分良好。レーシングカーになった気分で、マラソンを満喫。1周してスタートラインに戻ってきて、もう半周走る。ペースも快調で、いい感じだった。
 しかし、マラソンはそんなにうまくいくものではない。サーキット場は山の上、このコースはレーシング場を出てからが試練の始まりだった。折り返しまでひたすら下る。レーシング場を出てしばらくは急な下り坂、その後、緩い下りも混ざりながら、6キロほど下る。スピードが出過ぎるのでブレーキをかけながら下る。こんなに、下りばっかりのコースは初めてだった。そして、折り返し地点を過ぎ、そこから、ひたすら上り坂、往路に下った分、復路は6キロ上る。これは、当たり前である。しかも、サーキット場が近づくほど角度がある。サーキット場に入る前1キロなんか、半端な上り坂ではない。いつものように完全にバテた。歩く寸前まで行ったが、歩かなかった。踏ん張った。フルマラソンや高低差が激しい神鍋マラソン経験者の意地もある。サーキット場に入る直前の上り坂はマラソンコースではありえない上りだった。でも、何とかサーキット場に入った。そして、後1周サーキット場を走る。始めと違って、全く余裕がない。サーキット場の高低差、始めは気にしていなかったカーブにもスタミナが奪われる。3.3キロが長い。これほど、3.3キロを長く感じたことはない。そしてようやくゴール。結果、2時間3分。またもや、2時間を切ることが出来なかった。
 毎回思うが、このレースが最もきつかった。もう、来たくないとまで、思うほど、きついレースだった。閉会式では壇上の人が、ここはタフなコース。ここを走れれば、どこでも走れいると言っていた。その言葉に、納得した。このコースは間違いなくタフコースである。
【参加賞のタオル】

 でも、このコースにはいろんな要素があり、マラソンをする人におすすめしたいコースである。マラソン話のいいネタにもなるコースである。とはいえ、2時間を切れなかったのは非常に残念だった。また一から出直すかの気分と、2時間を切るのは無理なのかの気分で、終わった。

コメント