HGUC ZZガンダム

ガンプラに挑戦

登場作品:機動戦士 ガンダム ZZ
正式名称:MSZ-010 ZZ ガンダム

 Zガンダム同様、「Z計画」によって開発されたモビルスーツである。
武器はミサイルポッド、ダブルビームライフル、ハイパービームサーベル、ビームキャノン、そして最大の特徴は頭部のハイメガ・キャノンである。イメージ的には高出力、高火力のパワー型である。そして、可変分離型ということあって、ガンダムというより、昔のロボットアニメの延長線上のような機体である。パイロットもジュドー・アーシタと、子供のジャンク屋である。

 見れば、見るほど、ごつい。前作のゼータガンダムと違い重量感満載。でも、こんなガンダムもありなのだ。でも、どうしても、さらにイメージを変えたくなって、落ち着いた塗装に変えてみた。

 シック(sickではなくschick)な大人の塗装を目指して、こんな感じになった。少し高級感も出たかな。紳士的なガンダムになった。銅色、メタリックグリーン、白とシルバーの混色を使ってみた。


 上半身のアップもこんな感じ。塗ってすぐは今一つ感があったが、時間が立てば、見慣れてきて、これもありかなという感じになった。子供が乗りそうにない色なので、アニメでは出てきそうにない感じだ。でも、もし、ジオンカラーのガンダムがあるとしたら、こんなのも、検討してもらえたら幸いです。
 エゥーゴで使うならパイロットは、思い切って、ブライト・ノア艦長に乗ってもらいたい。スピードはいらない。紳士的に戦ってほしい。具体的には不明です。このガンダムに乗っても「ミノフスキー散布、弾幕うすいぞ!何やってんの!」と言ってもらいたい。後からはこんな感じ。

 ドラゴンボールの亀仙人が亀の甲羅を背負っている感じと似ている。背中が重たそうなのだが、変形した時に使う大切なものなので、大事に背負っておかないといけない。どうやら、ハイメガキャノンとかエネルギーをフルパワーで使うと15分程度しかもたない機体のようだ。これも、ZZガンダムの特徴である。とてもリスキーな機体であると解説もあった。ジュドーは分かっているのか。ジャンク屋だからその辺の気の持ちようは強いのか。多分、どうにかなるさと思っているに違いない。  

コメント