赤穂シティマラソン

マラソンの感動を教えます
DSC_0001

 さあ、秋初めのレース、シーズン初めのレースとして、ハーフマラソンを選んだ。赤穂浪士で有名な赤穂市ので行われた。赤穂城址と隣接する運動公園がスタート&ゴール。体育館、野球場、陸上競技場があり、運動に力を入れているのがよくわかる。赤穂市はトライアスロンにも力を入れていたような気がする。会場が大変にぎわっている。これまでに見たマラソンで、一番にぎわっている。市を挙げてのマラソン大会だ。
 レース前の着替えは体育館、準備運動は野球場の外野の芝で行い、天気も良く、すごくいいコンディション。雨の日のレースとは大違い。そして、スタートにならんだ。今回は思い切って、最後尾からのスタート。本当に最下位からのスタートが出来た。ペースを上げず、ゆっくり行こうと思っての作戦だった。

 でも、スタートから沢山人を抜くことになってしまった。そして、橋(海浜大橋)を渡り、南へ下る。橋では、女性がフルートで「負けないで」を演奏していた。この曲は、マラソンの定番だ。
 そして、問題発生、なんと道が狭くなっている。さらに最後尾スタートしてしまったので、周りとペースが合わない。これは失敗したのかと思いつつ、合間を縫って人を抜いていく。この行動に、スタミナが奪われたが、5km付近で、まだまだ余裕。そして、このコース最大の難所がやってくる。6km地点ぐらいから急なの上り坂、7.5km付近で急な下りに変わる。下り終わるのが9km地点手前ぐらいかな。

 いつもと違って、前半に山場、これを乗り切ったときは余裕があったのだが、やたらと、体力を消費していた。そこからは平地で、10km地点ぐらいから、公園に入る。その公園は以前、赤穂義士マラソンで8.5周走ったコースだ。よく知っているし、今日は1周だけだと、気持ちには余裕があった。だが、その時すでに、私のスタミナが底を尽きようとしていたのに気づかなかった。気温も20℃ぐらいあり、マラソンするには暑い。
【参加賞のTシャツ】

 公園を抜け、来た道を戻る。往路で通った橋が遠い。16km付近で橋となるが、遠くに見えて、なかなかつかない。ようやく橋について、橋を渡ったのだが、フルートの女性はもういない。さすがに、1時間30分も吹き続けてはいなかった。
 このコースはゴール付近に戻ってきて、通り過ぎてから、また戻ってくる。一度見えたゴールから遠のくのだ。精神的には仕方ない、また戻ってくるかの少し落胆あり。でも、戻ってくる途中で、あの名曲「runner」の演奏があった。高校生の演奏だった。一瞬、パワーが出たが、奏者の前だけだった。そして、ようやくゴール。2時間2分だった。
【参加賞のバスタオル】

 なかなか、目標の2時間が切れない。今回も、練習不足は否定できないが、作戦ミスも大きく影響した。さすがに、最後尾スタートはまずかったかな。
 この赤穂シティマランは沿道の応援もすごかった、途中、サンドイッチも置いていた。でも、タイムが気になって、食べれなかった。結果からすれば、食べればよかったと反省している。沿道のエイドはできるだけ取ることが私の自分ルールとしている。やはり、せっかく振舞ってくれるのだから、おいしく頂かないと失礼だと思っている。沿道だけでなく、会場はこじんまりしているが、活気があって、華やかでよかった。またいつか走りたいコースだ。

 

コメント