兵庫神鍋高原マラソン

マラソンの感動を教えます
DSC_0028

 1年ぶりのハーフマラソン。1年前のさつきハーフマラソンに続き、雨。でも、この前の経験もあるし、何とかなるかと臨んだ。しかし、また、落とし穴があった。事前に調べていたら分かっていたはずなのだが、完全に下調べを怠った。1周10キロの2周+残り、のコースだが、何と、10キロの中に高低差90m、これを2周。後で知ったのだが、心臓破りの有名なコースのようだ。
 しかも、雨。でも、やるしかない。スタートまで雨宿りをして、時間になったら、スタート地点に集合。そして、スタートした。今回もまた、ポンチョを着て走る。いつものように前半はペース落として走り出したが、スタートからなだらかな上り坂、いつまでも続く上り坂。だらだら続く上り坂。でも、喋りながら走る人もいる。みんな余裕だ。6キロ付近から、上りが急になる。徐々に話し声は聞こえなくなる。7キロ地点まで急な上りは続く。そのあと、急な下り、やや上り、急な下り、と厳しいコース。

 1周目の終わり付近に、暑さ対策のシャワーが用意されてていたが、雨のため、意味なし。ずっと天然シャワーで走ってる。最近、フルマラソンを走っているので、1周目は問題なくクリア。スタミナも残っている。
 2周目に入る。さっき走ったコースなので、なんとなく、状況はわかる。溶岩の塊が、あちこちにみられる。帰りに道の駅で聞いたのだが、結構有名らしい。季節がいい時はカルデラ湖にハイキングに来る人もいるらしい。周りを見ながら走る余裕あり。このコース、ある地点では、山の上を走るランナーが見える。今から、あんなとこまで登るのかと、心を押しつぶされる。そして、16キロからの急な坂道の手前で、完全失速した。

 この状態で、あの急な上り坂行けるのか。と思いながら、行くしかない。案の定、ヘトヘトを通り過ぎ、苦しいのみのレース展開。我ながら、どうも計算が甘い。と頭の中は、いろいろ考えて、元気である。一応、目標は2時間ぎり、だったが、もうそれは不可能な状態だった。まだか、まだか、ゴールはまだかと苦しい限り。今までで一番苦しい。なんせ、苦しい時のに平地なし。上るか、下るか。そして、2時間15分でゴール。とりあえず、歩くことなくゴールした。過去最も苦しいレースとなった。
【参加賞のタオル】

 正直、このコースはもうやめておこうと思ったが、レース後の屋台の振る舞いがすごい。但馬牛、ニジマス、ヤクルト、アイスクリーム、他にもたくさんランナーに無料で振舞っていた。但馬ドームがスタート&ゴールなので、雨天だったが、すごく便利。応援の方にもいいとこだった。当然、有料の屋台もたくさんあった。この振舞い、環境は、どのレースよりもすごかった。また、来てみようかな。と少し思った。

コメント