SD ジオング

ガンプラに挑戦

登場作品:機動戦士 ガンダム
正式名称:MSN -02 ジオング

 ジオン軍が実践投入した初のニュータイプ専用モビルスーツである。
ジオングの武器は、5連装有線サイコミュ、腹部メガ粒子砲、頭部のメガ粒子砲である。
何といっても、1年戦争のクライマックスに登場し、「足など飾り」とシャアが名言を残した機体だ。

この段階にきて、宇宙戦で、足がいらないのは、納得。このSDジオングには、パーフェクト仕様として、足がついていたが、ジオングに足などあってはいけないんだと、破棄した。足があると、それこそ、パーフェクトなジオングではない。蛇足ジオングだ。
 そして、得意のオールレンジ攻撃だ。有線なのは、なかなか見ない。非常に珍しい。小さいが迫力は伝わる。

 ガンプラの世界は、大きさではないんだ、イメージだ。沸き立つ臨場感がすべてだ!!!そしてシャアがニュータイプに目覚める。「見える、私にも敵が見える」いつの間にか、ライバルのアムロ・レイはニュータイプに覚醒を遂げたが、シャアはここで、ニュータイプに覚醒した。でも、やはり、アムロ・レイの方が上である。シャアはアムロに勝てない。
 シャアはヒールとヒーローを行き来する珍しいキャラクター。でも、一番、考えに筋が通っていると、私は思う。シャアはいつも、コロニー派だ。それが、かっこいい。頭が固いのか?そんなはずはない。
 後から見たオールレンジ攻撃。壁に向かって、オールレンジ攻撃、ジオングよシャアの壁も破壊してくれ。

 アップにしたSDジオング。すこし、コミカルな感じがするが、小さくても、ジオングだ。頭部を外してもよかったが、ジオングはこれが完成形。負けるジオングは見たくない。

 もっと、宇宙要塞ア・バオア・クーを飛び回るジオングが見たかったな。1年戦争のジオン軍のモビルスーツはジオングで完結だが、そもそも、モビルスーツ開発はジオンが進めたもの。その、集大成がジオングだとすると、もう少し出番が欲しかったな。そういえば、ジオングの後継機って何かあるのかな。

コメント