宍粟市さつきマラソン大会

マラソンの感動を教えます

約15年ぶりのハーフマラソンでした。最近は途中で歩くとはいえ、フルマラソンを完走してきたので、ハーフなら、楽勝と、気楽に参加した。
 しかし、大きな落とし穴があった。当日は雨、小雨ではなく、普通の雨が降ったりやんだり。多くの参加者は、大会本部で配られたポンチョを着て走り始めた。私は雨のレースは初体験。しかも、ポンチョを着て走るとは想定外だった。でも、走るしかないので、私もポンチョを着て走り始めた。

 山に向かって走って、帰ってくる。前半はなだらかな登り、後半はなだらかな下り。高低差150m。スタートした時は雨、8キロ地点ぐらいで雨はやんだが、また降りそうなので、ポンチョは着たまま。
 油断していたので、練習不足もあり、折り返し地点で完全にバテていた。でも。後半は下りなので、何とかなると、考えていた。雨が降ると当然湿度も高い、ポンチョの中が汗だらけ、雨も入っていると思う。
 12キロ地点では歩こうかどうか考えていた。それと、こんなはずじゃない。と思っていた。16キロ地点でまた、雨が降り出した。ポンチョ着ててよかったと思ったが、体力の消耗が激しすぎ。歩く寸前まで、気持ちが行ったが、何とか踏みとどまる。歩いてなるものか。フルマラソンを完走した意地もある。ここで、歩いてたまるか。前向きな気持ちに見えるが、ほとんど、後ろ向いている。なんでこんなことになるんや。悔しい気持ちで一杯だった。
 よく言う、歩いたほうが早いんじゃないかという状態までなった。でも、実際は少しでも走っているほうが、歩くより早い。
【参加賞のウエストポーチ】

 ようやくゴールが見えてきた。とりあえず、ゴール。なんと、2時間18分で、ゴール。制限時間は2時間30分なので、あまり余裕なし。体力的には全く余裕なし。目標は2時間以内だったので、かなりがっくり。情けなさを、次のレースのバネにする。
 このレースは第10回の記念大会だったので、レース後、もち投げが行われた。沢山のもちを取り、拾い、もち投げは予定以上の成果だった。マラソンは天候への対応も必要だと、私のマラソン人生においては、大きな収穫となるレースだった。あと、練習、準備はしっかりしないと、本番に苦しい思いをすることが教訓として得られた。マラソンを通じて、人生の勉強もできるとは、奥が深いスポーツだな。

コメント