賭けるだけが競馬じゃない -1話-

競走馬の足跡~世界の競馬~
競走馬の足跡

 

競馬には多くの物語がある。
 もちろん、主役は馬であるが、馬の生産者、馬主、調教師、馬具職人、騎手、馬券売り側、買う側、予想屋、新聞社など多くの人が関係する。いろんな立場で、それぞれが、馬を中心として、ロマンを追いかける。そのすべてに、創意工夫、熱意によって出来た物語がある。
 子供のころからテレビで競馬中継を、何回か見たが、その時には
競走馬の背景には全く、意識がなかった。子供だったから、当然である。20歳を過ぎて、馬券を買った時も、たんなる賭け事としか、認識はなかった。でも、なぜ、馬が走り、賭け事になったのか、なぜ、馬なのか。とぼんやり、疑問がゆっくりと、湧いてきた。
 調べてみると、競馬は日本にとどまらない、そもそも日本は競馬後進国であると知った。さらに、競馬は歴史の宝庫だ。とも思い始めていた。それから、私はその宝を一つ一つ掘り起こし、噛みしめることとなった。それが、今から15年前の事だった。これから、私が知ったこと、感じたことを、紹介していきたい。
 誤解されないようにしておきたいのは、私は競馬の賭けを否定はしない。むしろ、賭け事によって、馬が今も、人々に感動を与えている。私にも多くの事を教えてくれた。賭けを含め、競馬には感謝している。駆け競う馬が競馬なのだ。さあ、競馬物語のはじまりだ。 

コメント