2016 篠山ABCマラソン

マラソンの感動を教えます

メジャーフルマラソン初挑戦。

最近は、マラソンブームや都市のステータス、観光集客の目的で、大会が増えたが、篠山ABCマラソンは今回で、第36回大会と、歴史は古い。

3か月前の赤穂義士マラソン以来のマラソン挑戦だ。何とか、歩かず、走り切りたい。コースは篠山城跡をスタート&ゴールする。

 スタートから、沿道の応援がすごい、これがメジャー大会なのかと、感激した。5キロ、10キロ、とペースを保ち、沿道の声援にも余裕で答えながら、走り続ける。子供も多いが、おじいちゃん、おばあちゃんが多い。まあ、走る若者を見るのも、ご老人の楽しみか、と思い、若者の頑張りを見せながら走る。

【参加賞のTシャツ】

 16キロ地点付近に高校があり、50人ぐらいで、生演奏している。曲はあの名曲「runner」。サンプラザ中野は何ていい曲を作ったんだ。走りながら、あまりの興奮に鳥肌が立った。ウォー、って感じで、ペースが上がった。でも、冷静になって、ペース調整。

ハーフ付近で、沿道からおにぎり(おいしい)をもらい食べ。24キロ付近では獅子汁(熱い)を食べ、30キロ地点まで、走り続けた。沿道に応援に来てくれた会社の先輩と1分ぐらい立ち話した。

これは、走りを止めたことにならない、自分のルール。応援に来てくれた知り合いがいた場合は、立ち止まって、挨拶しても、止まったことにならないという自分ルールがある。

 32キロ過ぎから、スタミナの限界が近づいてきた。ここらから、自分との駆け引き、頭の中で、いろいろ考える。目指すは好タイムではなく、歩かないこと。スタミナの消耗を抑えるために、ペースダウン。でも、35キロ付近で、それも限界になって、歩きだした。

走ったり、歩いたり。他の人も同じような感じ。でも、ゆっくりでも、走り続けて、私を抜いていく人もいる。その人を見て、私はくそぉーと思い走る、歩くを繰り返す。40キロ付近まで来たら、ゴールタイムの計算。頭は元気であるが、ほぼ歩いている、たまに走る。

結果、4時間50分で、ゴール。

【完走メダル】

3か月前の大会より、22分短縮。このまま伸びれば、オリンピックに行けるかと、大きく冗談を飛ばして、また次回につなげる。

コメント